ikichikagakudo@gmail.com
050-5867-2041

全国のキエーロ市民モニターの報告書をレビュー

コンポストプロジェクト

自然の力だけで生ゴミが消えるキエーロ式コンポストは,全国のさまざまな自治体が注目しており,独自の市民モニター調査が行われています。本記事では,参考になるモニター結果を紹介し,コメントをします。なお私たちは,小型の「キエーロ式プランターコンポスト」が,ここ都心では本当に最適&最強と思っているので,どうしてもそれと比較する形のコメントになることはご了承ください。

【川崎市】木製大型キエーロの市民モニター事業報告書

神奈川県川崎市は,ここ東京都大田区のすぐ隣の自治体です。矢口地域からは自転車で数分走れば川崎市です。環境や住宅状況も似ているので,とても参考になります。

モニター期間は2016~2017年度。使用したキエーロは,「ベランダ de キエーロ」と呼ばれるタイプの,底があり,深くて大きい,木製のものです。ベランダ用と言われていますが,正直,なかなかの大きさと重量です(開発者松本さんの設計図によると幅90cm×奥行き45cm×高さ80cm)。また金額も,川崎市がいくらで提供したかは不明ですが,神奈川県内では2~4万円程度での取引が多く,高価です。

画像出典:川崎市生ごみ処理機「キエーロ」の市民モニター事業報告書

▼川崎市 生ごみ処理機「キエーロ」の市民モニター事業報告書(平成30年3月)
https://www.city.kawasaki.jp/300/cmsfiles/contents/0000096/96132/houkokusyo.pdf

  • 1回目調査も2回目調査でも,36%の人が,周りの人に勧められないと回答していました。やはりこのタイプは,大きさ,重さ,そして金額が,ネックのようです深いので土をかきまぜるのが大変という意見もありました。
  • ベランダ型ですが,モニターからは「ベランダには不向き」とも書かれていました。
  • そうなのです。この大きなタイプはこの地域では不向きなのです。そのため,小さく,軽く,丈夫で,安価なプランター型を,心から推します

【鶴ヶ島市】木製大型キエーロのアンケート調査結果

埼玉県鶴ヶ島市も,先の川崎市と同じタイプの底あり大型キエーロ(いわゆる「ベランダdeキエーロ」タイプ)の購入者にアンケートをとりました。

▼鶴ヶ島市 【継続使用者対象】生ごみ処理器キエーロアンケート調査結果(2022年)https://www.city.tsurugashima.lg.jp/sp/page/page009366.html

© City of Tsurugashima
  • このアンケート結果の注目ポイントは,「キエーロをどのくらいの頻度で使っていますか」の質問に対して,冬場では46%,夏場でも35%の人が「使っていない」と回答していたことです。使用中断ですね。
  • 自由回答を見ると,キッチンからの移動が手間という意見もありました。そうですよね。なのでキッチン近くのベランダに置くのがお勧めです。都心のコンパクトな住宅は,キッチンとベランダが近いので,移動はラクだと思います。コンポストは広い庭がある人がするものというイメージも強いですが,実は都心のコンパクト住宅こそコンポストに向いていると言えます。👍
  • そのほかの自由回答では,先の川崎市でもありましたが,「現在のキエーロは縦に長いため、下側の土がうまく使用できない」「土の一番下までは混ぜ込めない」という意見もありました。このタイプのキエーロは,大きさ,重さ,金額に加えて,深さも課題です。土のかき混ぜや出し入れが大変ですし,背の低い子どもは,台にのぼらないと日常使用もできません(ベランダに台を置くのは幼児の転落の恐れがあるので避けましょう)。一方,いきちかクラブのプランター型は高さ35センチで,もちろん幼児も使えます

【小松島市】木製大型キエーロ2種の耐久性モニタリングのアンケート調査結果

徳島県小松島市では,容器の耐久性のモニタリングを行っていました。分解力や有効性は十分であると分かったうえで,次に行ったのが,耐久性調査でした。キエーロ本家の「バクテリアdeキエーロ」と「ベランダdeキエーロ」の2種類のようです。どちらも木製の大きいタイプです。

▼生ごみ分解型処理容器(キエーロ) 耐久性モニタリングに関するアンケート調査結果について(2023年)
https://www.city.komatsushima.lg.jp/fs/5/3/7/4/5/5/_/r4_kie-roanke-to.pdf

  • 3%の人が,使用2~3ヶ月で,水気(油分含む)が木製の箱の外に染み出してきたそうです。水がほどよく抜けること自体は,実はコンポストにとって必要なことと思います。しかし材質が木材の場合は,水分は腐敗につながる心配があります。いきちかクラブのキエーロは木製ではなく,リサイクルポリプロピレンのプランターを使用しています。丈夫で長持ちします。プランターはもともと土や水を含む想定で作られています。コンポストとの相性は抜群です。
  • 小松島市の「ベランダdeキエーロ」には,木材の内側に防水シートを貼っているようです。大半の人がこのシートを「あったほうがいい」と回答しつつ,シートがはがれてくるのは気になるようです。

【東村山市】プランターキエーロの市民モニター事業報告

東京都東村山市は,ベランダdeキエーロではなく,ミニ・キエーロと称して,プランター型を普及しています。いきちかクラブが推奨するキエーロ式プランターコンポストと似たタイプなので,参考になる点が非常に多いです(いきちかクラブのキエーロの方がもう少し深めです)。素敵なキエーロ紹介動画もあるので貼っておきます。

▼東村山市ミニ・キエーロ市民モニター事業報告(令和3年3月)https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/kurashi/gomi/keihatsu/namagomi/kiero/condition.files/monitorhoukoku.pdf

© Higashimurayama City
  • モニターは7月から12月までの半年間。期間終了後も87.2%の世帯が,利用の継続を希望。残り12.8%が継続を希望しない理由は,レポートからはハッキリしませんでした。
  • 66%の世帯が,ゴミの処理量がもう少し多いとよいと感じたそうです。これはわかります。キエーロはゴミを埋めるだけという手軽さから,たくさん処理したくなります。キエーロを大きくするほど処理量が増すので,置き場がある方は,大きくしたり台数を増やせばよいと思います。とにかく「始める」ことと「継続する」ことに意味があるので,まずはこのプランター1台で分解できる量からスタートしてほしいと思います。
  • 投入量の1回 400gを「片手に乗る程度の量」と表現されていたのは,イメージが共有しやすくて,よい表現だと思いました。(いきちかクラブのキエーロは深さがある分,もう少し多くても大丈夫そうに思います)
  • 東村山市のモニター結果では「玉ねぎの皮、たまごの殻、野菜の不可食部、皮・種・骨・殻類、ブロッコリー(生)、セロリ、とうもろこしの芯など」が3週間ほど経過しても分解できなかったそうです。私の感覚では,たまごの殻はよく砕けば(シャベルで簡単に砕けます)夏は1週間,春秋は2~3週間ほどで分解するので,ここは少々異議ありです。野菜の不可食部はどこのことか不明ですが,原則的に,野菜は細かく刻めば十分普通に分解します(夏は1週間未満)。とうもろこしの芯も,米ぬかと一緒に入れれば,私の使用環境では夏場3週間でホロホロ(姿はあるけどもろい状態)になりました。タマネギの皮は,たしかに分解が遅めです。モニターさんが分解できなかった確かな理由は分かりませんが,よくあるのは,①水分不足,②刻み不足,③温度不足,です。東村山市のケースは水不足の可能性を感じます。
  • 「臭いが強い生ごみ(生肉、魚など)は夏場に虫が発生しやすい傾向がある」という結果も,少し異議ありです。乾いた土を厚めにかぶせることを徹底していれば,夏場であっても虫は防げると思います。(しかし生魚などにもともと虫がついている場合は防げません)
  • 「週 800g を超えて投入すると、虫が湧くことがある」という結果も,おそらく,1回の量が多くてゴミが表面に出たり,あるいは未分解のうちに掘り起こしたものが表面に出た結果に思われます。ゴミの量がどうであれ,「乾いた土をかぶせる」ことを徹底すれば,虫は防げると思います。
  • 「水分量が多いと虫が湧きやすくなるため、黒土全体が乾いていなければ、水を追加しなくて良い」という内容についても,水分が足りないと分解が進まない(遅い)ので,私は,生ごみに土がべったり付く程度の水の追加をおすすめします。再三の繰り返しになりますが,乾いた土を厚めにかぶせれば,つまり土の表面が乾いていれば,虫は湧きません。なお,水の入れすぎは,容器によってはトラブルが発生しますが,いきちかクラブのキエーロ式プランターコンポストは水が抜けるので,水の入れすぎを恐れる心配はありません
  • 「前回投入した箇所にも、分解を促進するために生ごみを一緒に入れると、分解が早くなる」という記述は,意味がよく分かりませんでした。分解途中の状態でゴミを追加投入すると,たしかに水分が足されるという意味では分解が促進されるかもしれません。しかし分解途中で掘り起こすのは,ゴミが表面に出てにおいや虫につながるリスクがあります。それともこれは「生ごみ」でなく,「米ぬか」か「油」の書き間違いでしょうか??これらを加えると分解は早まります。
  • 「冬場は水分を加えることや土を混ぜることで分解が促進される」ということも,一概にはそうともいえないので,ちょっと異議ありです。寒い冬に水分を加えたり土を混ぜると土の温度が下がります。そのため分解が遅くなることも十分ありえます。もちろん乾いていれば水分は必要ですし,日中の暖かい時間にかき混ぜることは有効かもしれません。土や微生物の状態を想像しながら付き合ってみてください。

【千葉市】プランターキエーロモニター事業の実施結果

千葉県千葉市のプランター型のミニ・キエーロの使用レポートです。平成30年度から最新の令和5年度まで,毎年レポートを発行しています。小学生とその保護者を優先的にモニターに選び,夏休みの自由研究につなげています。素敵ですね。

▼千葉市 ミニ・キエーロモニター事業の実施結果
令和5年度:https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/documents/r5minikierojissikekka.pdf
令和4年度:https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/documents/r4chousakekka_1.pdf
令和3年度:https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/documents/r3chousakekka.pdf
令和2年度:https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/documents/r2chousakekka.pdf
令和元年度:
https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/documents/r1monitakekka-minikiero.pdf
平成30年度:
https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/documents/h30monitakekka-minikiero.pdf
参考画像(児童の自由研究):https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/documents/minikierophotor4.pdf
https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/documents/minikierophotor3.pdf
https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/documents/minikierophotor32.pdf
https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/documents/jiyuukennkyuur4.pdf
https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/images/jiyuukennkyuu01.jpg
https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/images/image5.jpg

  • この千葉市のレポートで興味深いのは,ミニ・キエーロでの生ごみ処理について「うまくいっていない」という回答が,毎年20%ほどいることです。令和5年度は,27%の人が「うまくいっていない」という回答でした。
  • うまくいっていない理由の最多は毎年「分解しない」で,回答者全体の10~15%にあたります(複数回答)。モニターは8月の1ヶ月間の使用のようです。一番温度が高い8月は本来一番分解が進む時期ですが,千葉市も令和5年度レポート内で考察しているように,猛暑による乾燥(水分不足)の可能性が考えられます。生ごみを入れるときに水分も足してくださいね。
  • それでも毎年90~97%のモニターさんが,今後も「続ける意向である」と回答しています。プランターのコンパクトサイズなので続けやすいですよね。長く続ける中でコツも分かり,もっとスムーズに分解できると思いますので,ぜひ長く続けてください。
  • 1世帯あたりのゴミの投入量は,月1.8kg(令和元年度)から,月約3.1kg(令和2年度)まで,年度(モニター)による差があります。

【荒川区】プランターキエーロのモニター調査結果

東京都荒川区も,プランター型のミニ・キエーロでモニター調査を行っています。先ほどの千葉市と同じく,使用開始1ヶ月でのアンケートです

▼荒川区 生ごみ処理容器「ミニ・キエーロ」モニター調査結果(令和6年3⽉時点)
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/documents/750/monita-.pdf

  • こちらも千葉市と同じように約25%(分母が合わず多少数値のズレの可能性あり)の人が「うまくいっていない」と回答でした。ただし「今後も使い続けたい」という回答は100%。自由回答を見ると,使い始めなので「自分にあった使い方」がまだ習得できていないという意味での「うまくいってない」という回答のように見えました。1ヶ月であればそれは納得です。ゴミをためたり投入するタイミング,刻み方,入れる内容,量,頻度など,最初は試行錯誤し,徐々に自分に合うスタイルを見つけていただければと思います。

【宮崎市】木製大型キエーロ/段ボール/バッグ型のモニター事業結果

宮崎市は,大型木製(ベランダdeキエーロ),段ボール,不織布バッグ(LFC)の3種類のコンポストでモニター事業を実施しました。モニター期間は2023年6月17日から9月30日まで。

▼宮崎市 令和5年度 生ごみ処理器のモニター事業の実施結果(上半期)
https://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/life/trash/recycle/355970.html

  • 処理の状況としては,「概ね順調に分解・処理されている」という回答は,キエーロが最も高く,キエーロが8/9,段ボールが1/10,バッグが2/10,という結果した。破損等でモニターが継続できなかったケースも母数に入れています。バッグ型ももう少し分解が進んでよさそうですが,意外とうまく分解できていないケースも多かったようです。
  • 「課題や困っていること」は,段ボールはその弱さに起因する困りごとでした。バッグとキエーロについては虫に関するコメントがありましたが,キエーロは正しく使えば虫はつきにくいので,どのような使い方で虫がついたのか気になります。また,キエーロについて「分解をすすめるには、丁寧に、掻き回す必要がある」というコメントもありましたが,キエーロはかき回す必要はないので,正しい使い方が伝わっていない可能性も感じました。
  • 1回あたりの投与量の平均データもありました。各地でのモニター結果によると,キエーロは大型でも小型でも,だいたい300~500g内の印象ですが,宮崎市の結果もその中に収まっています。
ダンボール型317.0g
バッグ型252.9g
木製418.6g
「宮崎市 令和5年度 生ごみ処理器のモニター事業の実施結果(上半期)」より引用

【弘前市】キエーロ配布前後での一般廃棄物組成分析調査

青森県弘前市で,おもしろい結果報告を見つけました。キエーロを市民モニターに配布する前と後で,ゴミ集積所に出されるゴミがどう変化したかを調べています。

▼弘前市 キエーロ活用モデル事業
https://www.city.hirosaki.aomori.jp/kurashi/gomi/2022-1115-1640-49.html

  • 結果は,生ゴミが38.0%→32.2%となり,キエーロ配布後は生ゴミが約15%減少しました。(生ゴミの総重量などの変化は調べていないようです)
  • 生ゴミの中でも「未使用食品」と「調理くず」が減少し,特に「未使用食品」の減少率が大きかったそうです。サイトの中には,廃棄されていた未使用食品のサンプル写真もあり,なかなかの衝撃です。キエーロ配布後に「未使用食品」の廃棄が減った理由は,ハッキリしません。キエーロで分解したのか,それともキエーロを所有すること自体がエコ意識を高めて,必要以上の購入や安易な廃棄を抑制したのか,どうなのでしょう。いずれにせよ,事実として,弘前市では生ゴミの割合が減りました。

その他のモニター結果

以下はレビューの余裕がないのでメモ的に残します。

自治体のキエーロ式プランターコンポストのYouTube動画

YouTube等でキエーロを紹介する動画はいろいろありますが,自治体公式YouTubeで,そして使い方の説明でなく,消えている様子を発信しているものを,ご紹介します。また今回はプランタータイプに限定してピックアップしましたが,大型キエーロの紹介動画も全国たくさんの自治体が出しています。

  • (狛江市公式動画チャンネル) キエーロde生ごみ消えーる!~「ベランダdeキエーロ」で楽しく生ごみを減量しよう!~
    開始5:14で,生ゴミ投入の3日後に土を掘り返している様子が見えます。3日でここまで消えています!
  • (CityOfYokohama) 生ごみが肥料に大変身!生ごみ処理器「キエーロ」とは!
    いきちかクラブが一番よく紹介しているこの動画も,開始3:54で,生ゴミ投入後何日か不明ですが土を掘り返している様子が見えます。
  • (荒川区公式) ミニ・キエーロで生ごみを消してみました(30秒バージョン)
    タイトルどおり,消える様子を発信している30秒のショート動画です。

いろいろな自治体が効果実証済みのキエーロ式プランターコンポスト。ここ大田区でも広めていきたいです。区と相談しながら進めますが,ぜひ民間の皆さま(事業者・個人)とも協働していきたいです。お力添えをお願いします!もちろん大田区に限らず他の自治体の皆さまも一緒に協働しましょう。

メールでもSNSでも,お気軽にご連絡ください。
メール ikichikagakudo@gmail.com(向井)

余談

東村山市や荒川区はプランター型のキエーロを「ミニ・キエーロ」と呼んでいますが,私たちは「キエーロオフィシャル」と相談のうえ,「キエーロ式プランターコンポスト」と呼んでいます。呼び名は異なりますが,同じものを指しています。

[くらし×微生物]いきちかコンポストプロジェクト

微生物とヒトの会話シリーズ(よみもの)

コメント

タイトルとURLをコピーしました