花壇誕生のきっかけはゴミ問題

今日は公園のゴミのお話です。

そもそも,新蒲田二丁目児童公園に「いきちか花壇」ができた発端も,ゴミでした。

この公園でいきちか学童クラブの子どもたちが毎日遊んでいたのですが,毎日,ゴミだらけでした。

毎回,遊ぶ前に,子どもとスタッフで自主的にゴミ拾いをしていました。

子どもにゴミ拾いを強制したことはありませんが,子どもたちは自ら拾ってくれます。毎日大人が捨てるゴミを,毎日子どもが拾ってくれていました。

蒲田地域の公園や道路は,残念なことに,タバコの吸い殻やゴミのポイ捨てが非常に多いと感じています。

そしてこの新蒲田二丁目児童公園は特に,隣がコンビニであることもあり,お弁当ゴミや空き缶,そして一服した吸い殻が,本当に毎日散乱しています。


自分たちが使う公園ですし,以前も「犯罪を防ぐためのゴミ拾い」というブログ記事を書いたように,ゴミ拾いが治安改善,地域の安全につながると思っているので,ゴミを拾うこと自体は,構いません。(いつまで続くのだろうという虚しさはありますが)

しかし,そのゴミをいきちか学童クラブに持ち帰り,保管し,処分することが,負担でした。

そこで,区に,公園の清掃をいきちか学童クラブが担当するのでゴミの回収に来ていただきたい旨を相談したところ・・・清掃は別の団体が担当している(謝金も発生している)のですぐには譲れないということでした。

しかしそれで話は終わらず,代わりに花壇運営はどうだという話になり,詳細を略すわけではありませんが,本当にあれよあれよと,トントン拍子に,花壇が完成しました。


今は学童保育事業も休止しているので,この公園で毎日遊ぶということはなくなりましたが,花壇の水やりや花がら摘みのたびに,やはりゴミ拾い作業が発生しています。カラスや動物もゴミに寄ってきています。

なお,2020年4月から公園内は全面禁煙になったはずですが,相変わらず吸い殻もたくさん捨てられています。


公園が花で華やかになればゴミも減るかと期待していましたが,今のところ,まだ目立った変化はありません。春にもっと花が咲くと,変化があるでしょうか・・・。

子どもたちに,希望を見せてあげたいものです。

花がら摘み

冬の花壇は葉っぱも冬形態になり,見た目がさみしくなってきます。その中でも,かわいい花を咲かせて,花壇に色を添えてくれるビオラ。

大切な花ですが,くるくると花びらがまき始めているものや,花が終わっているものは,容赦なく摘み取るようにと指示いただいています。

種をつけると役目を終えたと認識して,花を咲かせなくなってしまうので,逆に,種ができないようにこまめに花をつみ取っておくと,5月の終わりまで咲き続けてくれるそうです!

摘んでも摘んでも次から次に咲くらしいので,安心して摘めます。

この終わりかけの花をつみ取るのを,「花がら摘み」と言うそうです。(この言葉見たことありますが,意味がやっと分かりました!)

さてさて,今はメンバーが水やりのたびに花もチェックしていますが,「みんなの花壇」なので,公園のご利用者も自由に花がら摘みや枯れ葉ひろいなどもしていただければな~と考えています。でも,いつ何をしたかを管理したいので,たとえばこちらのGoogleカレンダーにそれぞれ書き込んでいただければ最高です。

とはいえ,Googleカレンダーはハードルが高いという声もあるので…どうすればよいか……ぜひアイデアもお聞かせください。(>人<)

ブログの再引っ越し

ブログをお引っ越ししました。

2020年8月にもURLが変わりました(不本意に変わってしまいました)が,また変わります。ご迷惑をお掛けします。

URLは,

https://www.ikichika.club/blog/

です。

今度はブログサービスを使わず,WordPressで自サイト内に組み込みました。

2019年のいきちか立ち上げ時に,取り急ぎブログは契約サーバーが提供しているブログサービスを使いましたが,広告の多さやデザイン面で,とても見づらいものでした。アクセビリティが悪かったです!

有料プランに入ってマシになりましたが,収益がなくなって無料プランに戻したところ,URLが変わってしまった上に,やはりアクセビリティにガマンならず・・・。

自分で投稿する分には不便はないのですが,読者として見るのが辛いページでした。見てもらうために書いているのに,見るのが辛いページなんて!

このブログももちろん完璧ではないものの,まだマシだと思っていますが・・,もしご意見・ご要望ございましたら,ぜひお聞かせください。

ブログも,いきちかの活動自体も,自分勝手になるのはイヤなので,生の声をお寄せいただけるのは本当にありがたいです。コメントでもSNSでも,お気軽にご連絡ください。

2020年と生きる力

2020年,いろいろありました。

いろいろありましたよね。

世界中の多くの人がこれと同じ感想を抱いているように思います。

「ボーダーレス」「ワールドワイド」「グローバル」といったものが,決して言葉だけのものでなく,今のこの世の,実際のものであることも実感できました。

いきちか学童クラブは,不確かな未来,変化の多い社会の中で,しなやかに生きる力の形成を目指しています。

いきちかが重視する「生きる力」の定義をホームページに掲載しておりますが,改めてここに引用します。

生きる力 その1

再起力 —Resilience

いきちかでは,ストレス等をしなやかに受け止める柔軟力,心折れずに立ち直ることができる再起力(レジリエンス)を重視します。


生きる力 その2

尊重する力 —Respect

いきちかでは,他人も,そして自分も,あるがままを認め合い,尊重する力を重視します。


生きる力 その3

学力 —Achievement

いきちかでは,学習意欲,学習習慣,基礎知識,表現力を重視します。


生きる力 その4

生き抜く体力 —Physical strength

いきちかでは,健康な体と心,いざというときに逃げ延びる体力を重視します。

「生きる力」は,子どもだけに必要なものではなく,大人にも必要な力ですし,

そして,いつかの未来に必要な力ではなく,まさに今,必要な力でもあります。

生き抜く健康な体と心。

あふれる情報の中で適切に判断するためのリテラシーや基礎知識。

排除や差別ではなく,認め合い,助け合う力。

ストレスに負けない柔軟さと再起力。

思いがけない形ではありましたが,COVID-19のパンデミックを通して,改めて,「生きる力」の重要性を,多くの方にご理解いただけた年になったように思います。

いきちか学童クラブは,学童保育事業を通して,子ども,保護者,地域の方たちに,「生きる力」を育むきっかけを提供したいと思っていました。

そのために,子どもや保護者などを1箇所に集め,食も伴うさまざまな生活を,みんなで共有することを目指していました。

しかし,すなわちそれはウイルスをも共有するリスクを抱えており,

この情勢下ではやむを得ず,4月からの本格スタート目前に,学童保育の活動を停止することにしました。

パンデミックの収束の見通しが立たない現状,学童保育事業の再開の見通しも立てられていません。

今は,公園に生み残した花壇を地域の方と共有する活動(いきちか花壇プロジェクト)がメインとなっています。

これは理論ベースの活動ではなく,目の前にある花壇をどう使えば多くの人の生きる力につながるか,現場で1つ1つ試行錯誤しながら,取り組んでいます。

学童保育事業を続けられなくなったのは本当に残念なことですが,花壇プロジェクトを通して新しい素敵な出会いもありました。

これらの出会いに感謝し,さまざまな形で助け合いながら,私自身も柔軟に生き続けたいと思います。

2021年はどのような年になるか,現時点では予想がつきませんが,どうか引き続き,ご支援のほどよろしくお願いいたします。

このブログ自体にいいねボタンはないので,TwitterやFacebookなどでいいねやシェアいただけますと,励みになります。

そして,もし今後の活動に一緒に取り組んでいただけますなら,本当に本当にありがたく,心強くあります。どうぞ,お気軽にご連絡ください。

2020年,本当にありがとうございました。

そして,2021年が,皆さまにとって素敵な1年となりますよう,心からお祈り申し上げます。

いきちか学童クラブ
向井愛
https://www.ikichika.club/

第1回苗植え会,開催!

12月13日(日)に,記念すべき第1回目の,苗植え会を開催しました!

幼児・児童を含む22名で,賑やかに植えました。

第1回苗植え会集合写真

たくさんの苗をご寄贈賜りました板垣さまと真島さまに,厚く御礼申し上げます。

見てください,こちらのたくさんの苗!いえ,苗と言えない立派な鉢たち!

用意されたたくさんの苗

植える前に,まず花壇の上に配置してみましたが,隙間なく,ビッシリ!!すごい量です!!

花壇の上に配置

ガーデンデザイナーの板垣さまのご助言により,花壇の中央に背の高いものを。

あとは,時間による日差し加減なども一応は考慮しつつも,大半は,子どもたちの自由に。好きな苗を好きな所に植えてもらいました。

苗植えの様子1苗植えの様子2

多すぎて花壇に植えきれないかも,という心配も何のその,入るものですね。無事,植え終わりました。

子どもたちの作業なので多少粗いところもあったりして,どれだけ定着するか,ドキドキ&ワクワク…。

苗植え後の花壇

道行く人も,何だか楽しそうという雰囲気で,多くの方が足を止めてご覧くださっていました。

参加くださった方々からも,

「自分で花とか絶対いじらないので,素晴らしい機会をありがとうございました。子どもたちも土が温かくて感動していました」

「土を触れるのってほんと良い経験ですよね」

「私が植えたのはこれ。またここに見に来る!絶対来るね!」

「楽しかった♪楽しすぎて泥だけらけになっちゃった♪」

といった,本当に嬉しい声をいただきました!!

実際に,保育園帰りに花壇に寄ってくださっているようです!!

これらがどう育っていくか,楽しみです。

今はまだ花が少なめですが,春にはいっぱい咲く予定です!

そしてこれからは,水やりメンバーの増員と,水やりスケジュールの共有方法が課題です。(オンラインで手軽にスケジュールを確認&予約できる,よいツールをご存知ありませんか?)

そして,また春か夏に,次の苗植えやタネまきができればと考えています!!

みんなで花壇を使う「いきちか花壇プロジェクト」,ぜひ皆さまもご参加ください。

言うだけ参加,見るだけ参加もOKです!

いきちか花壇プロジェクト

https://www.ikichika.club/flowerbed.html

オルレアの種

これは何でしょうか。大丈夫,虫ではありません!

正解は,オルレアというお花の種でした。たくさんいただきました!本当にありがとうございます!!!

ひっつき虫のようなおもしろい風貌の種です。種も本当に姿形いろいろありますね。おもしろいです。

オルレアは,このような↓白いきれいなお花だそうです。

一緒にこちら↓の種もいただきました。こぼれ種で,もう何の種か分からないそうです。どなたかお分かりになる方,いらっしゃいませんか?

こちら↓はフェンネルの種だそうです。ありがとうございます!

マリーゴールドの種もあるのですが,植えれないうちに寒くなってしまいました。

春に種まき大会,したいですね!

——————-

いきちか花壇プロジェクトは,公園にできた花壇をみんなで使うプロジェクトです。遠方の方などの口だけ参加も,様子を見るだけの参加もOKですので,ぜひご参加ください。

詳しくは下記ページをご参照ください。

https://www.ikichika.club/flowerbed.html

ポインセチアをいただきました

ポインセチアをいただきました。

本当に,ありがとうございます…。(ToT)感涙

ポンセチアといえば,クリスマスにぴったりの,綺麗な赤い葉が特徴的ですよね。

でもこれは,赤みは少なめです。

実は,ポインセチアを,売り物のような綺麗な赤い葉にするには,「ある工夫」が必要だそうです。

これはその工夫をしていないから,赤みが少ないのだそうです。

さて,それはいったいどんな工夫でしょうか!

・・といったクイズを花壇に出しておくのも面白いですよね。という,楽しいアイデアもいただきました!

おもしろそう!

さてさて,この正解は・・・

「短日処理」という,日に当てる時間を短くする処理だそうです。

夕方から朝まで,箱をかぶせるなどして,日光や蛍光灯の光を遮断するとのこと。

それを毎日,何ヶ月か続けると,あの売り物のような鮮やかな赤色になるそうです。

知りませんでした!!

ちなみに光を遮ると聞いて,私はホワイトアスパラガスを連想してしまいました。

普段何気なく目にしているポインセチアも,そしてホワイトアスパラガスも,農家さんたちがお手間かけてくださってこそのあの状態なのですね。ありがとうございます。

そしてポインセチアは,このクリスマスシーズンに出回っているのに,実は寒さに弱いそうです。(それも知りませんでした!)

今から植えても,真冬には取り出して室内に入れた方がよいそうです。

鉢植えのまま置きたい気分ですが,きっと区からNGが出そうなので・・・鉢のまま植えましょうか・・・?

現在まだ検討中につき,ポインセチアは自宅で待機中です。

——————-

いきちか花壇プロジェクトは,公園にできた花壇をみんなで使うプロジェクトです。遠方の方などの口だけ参加も,様子を見るだけの参加もOKですので,ぜひご参加ください。

くわしくは下記ページをご参照ください。

https://www.ikichika.club/flowerbed.html

白バラ,撤去…

いきちか花壇の第1号として,先日,白バラを植えました

 

その後,とてもとても残念なことに,大田区より,バラはNGなので撤去するように言われました。

 

理由は,最初はトゲが危ないということでしたが,

こちらでトゲを切って,公園利用者の手の届きにくい花壇の中央に移すのではダメか聞いてみたところ,

バラは低木で育ちすぎるという理由も加わりました。

しかし,ラベンダーは同じ低木ですが,こちらは大丈夫なようです。

理由は釈然としませんが,とにかくバラはダメなようです。

 

残念ですが,バラは,元の持ち主さんに,お戻ししました。涙涙涙

 

——————-

いきちか花壇プロジェクトは,公園にできた花壇をみんなで使うプロジェクトです。遠方の方などの口だけ参加も,様子見るだけ参加もOKですので,ぜひご参加ください。

詳しくは下記ページをご参照ください。

https://www.ikichika.club/flowerbed.html

 

 

新しい自生草花

自生植物たち。ニューフェイス登場です。

 

にんじんみたい。なんでしょう。

 

白いお花。わかりそうでわかりません。

 

どうやって調べれば,名前にたどり着くのでしょう…。

 

 

 

いきちか花壇プロジェクトは,公園にできた花壇をみんなで使うプロジェクトです。遠方の方などの口だけ参加も,様子見るだけ参加もOKですので,ぜひご参加ください。

詳しくは下記ページをご参照ください。

https://www.ikichika.club/flowerbed.html

 

花壇の虫たち

公園のいきちか花壇には,いろいろな虫もお住まいです。

 

きれいなアオムシ。

 

バッタ。

 

君の名は…?きれいな金色です。

 

 

花壇にたくさん落ちていた赤い実(植物先生によるとハナミズキの実だそうです!)が,数日で消えて不思議だったのですが,この虫たちがおいしく召し上がったのかもしれませんね。

 

あと,とても写真に撮れませんでしたが,何かの幼虫なのか,それとも何か食べ物系のごみなのか,まったく見分けのつかない不思議な白いブニブニ物体もありました。謎です。気になります。

 

 

花壇を英語でフラワーベッドと言いますが,実際に土を触っていると,花だけのベッドではなくて,虫たちのベッドでもあるなと実感します。

 

この花壇でもアオムシを見て,蝶やアオムシが好む花を植えて,ここを蝶を観察できるスポットにするのもいいね,というアイデアが出ました。

菜の花山椒が好まれるそうです!

 

どなたか・・菜の花や山椒の苗など,お譲りいただける方はいらっしゃらないでしょうか・・・(ご寄付も大変ありがたいです)

 

 

 

いきちか花壇プロジェクトは,公園にできた花壇をみんなで使うプロジェクトです。遠方の方などの口だけ参加も,様子見るだけ参加もOKですので,ぜひご参加ください。

詳しくは下記ページをご参照ください。

https://www.ikichika.club/flowerbed.html