春の切り紙と障子

春っぽい切り紙を。今日は寒いけど。

障子に付けたら素敵じゃない?

という声に応えて,ひとつ,付けてみました。(テグスでとめています。)

確かに素敵!和室と桜って似合う~。

梅の花も咲きましたよ。^^

春ですね。寒いけど。

磨りガラス窓にも付けてみました。かわいいっ。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

冬休みの宿題

クリスマスの余韻が冷めないうちに,といいますか,クリスマスプレゼントゲットによる興奮真っ只中に,冬休みに入りました。

さてさて,冬休みの宿題は,夏休みよりもずっと量が少ないようで,終業式の日のうちに,全部終わらせてしまうツワモノが・・・。

早く終わらせたい気持ちが先走りすぎて,プリントが大散乱・・・。

そして,こちらの丸付けも追いつきません・・・!
(しかも正答プリントの配布がないものもあり,頭をフル回転させての丸付け!!…忙しい保護者には地味にストレスですよね)

さて,宿題を早々に終わらせた理由は,「冬休みを思う存分ダラけるため」という!

さすが,大人の予想の斜め上をいく回答です!

他のお友達もつられて,たくさん宿題をしていました。^^

さあ,冬休み。

どんな出会いがあるかな。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

即興画

帰宅時間の10~15分ほど前に,「絵の具使っていい?」という2人の子ども。

今から!?と思いつつ,確かにまだ時間はあるので,時間までには片付けを終えてほしい旨を伝えつつ,了承。

大きな紙を持って来たり,新聞紙を敷いたり,容器を探して水を入れてきたり,

あっという間に準備して,

そしてあっという間に描き上げ,

無事,時間内に片付けまでできました!

必ずしもいつもこんなにスムーズな訳ではありませんが,やるときはやる(やれる力はもっている!)子どもたちです! v(^o^)v

水分たっぷりの筆で描いたようで左側は薄めですが,いきちかの名前が入っていますね。
これ,いきちかの看板やチラシに使えということでしょうか・・・?暗黙のプレッシャーです(笑)。

ちなみに,この2人のうち1人は,普段めったにお絵描きをしない子です。

コンプレックスがあるものは人前でやりたがらない子で,絵もあまり上手ではないと自分で言っていたのですが,
この日はテンション高く,もう1人の子に便乗して,ノリノリに描いてくれました。^^

本当に嫌いなことは無理に行わなくてよいと思いますが,もし劣等感から萎縮してチャンスを逃しているだけなら,もったいないですよね。

この日は不意に訪れたチャンスでした。大人の勝手な都合でチャンスを潰さずに済んで,本当によかったです。

結果として,お絵描きが楽しい経験として,子どもの中に残ったように思います。

子どもに絶対必要な自信や自己肯定感は,こういう小さくても楽しく「できた経験」と,それを認めてもらった経験の積み重ねからできるものだと思っています。

これからも,突然訪れる一人ひとりに沿ったチャンスを見逃さないように,感度高くがんばります。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

チラシ用イラスト

児童が,いきちかの新しい看板のためにイラストを描いてくれました。^^

かわいいです。

「帽子ってどうなってるんだっけ?」と言いながらも,何も見ずにスラスラと描いていました。
すごいですよね!

でも本人いわく,これは「まだ途中」だと。

途中ならぜひ続きを,と思いながらも,日々他の遊びに忙しい画伯なのでした。^^;

そうこうしているうちに,看板よりも先にチラシを新しくする必要が出てきたので,チラシ案にこちらの絵を入れて,画伯にご確認いただいたところ,やはりこれは途中なので,印刷に出してはいけないと・・・。

「では画伯,ぜひに続きをお願いします!」

・・・で,完成したのが,コチラ↓です!!

クマの足に色を塗る程度かと思っていたのですが,まさかの,クマが完全に別クマに替わっております!

そして,新しい仲間も加わりました。

画伯の言葉をよく聞いていると,表情がこだわりポイントのように感じました。
確かに,先の絵より直した絵の方が,ウサギもクマも,明るい表情になっています。

いきちかが楽しいところだと伝えるために,表情にこだわってくれたようです。
すごいです!

画材が先のと変わったので,微妙に絵のタッチが異なりますが,それも味で。

こちらのイラスト入りの新しいチラシ,お楽しみに♪

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

トマトを植えたのです,が・・・

いきちかで野菜を育てたいというリクエストに応えて,トマトを植えたのです。

挿し木で増やしたもので,1つはまだ小さめで,根が出始めたもの。もう1つは,ある程度根も張って大きくなったもの。

大きい方はいきちかへの植え替えの際,やや根っこを傷つけてしまったのが心配でしたが,それなりに踏ん張ってくれていました。

が・・・・・

まず,小さい方が,早々に行方不明になりました・・・。謎です。

そして残った大きい方も,梅雨の間はよかったのですが,猛暑になり,土日の休みの間に水やりができないと,ああ,哀れな姿に・・・。涙

いきちか学童クラブは,現在,月~金のみが営業日で,土日はお休みです。猛暑の中,土日の2日間水やりができないのは,ちょっと過酷な環境かもしれませんね・・・。

土曜営業についてはご希望もいただいておりますが,スタッフ配置の難しさもあり,そして実は,家賃が土曜に跳ね上がるという事情もあり・・・,現状では申し訳ございませんが,土曜営業は難しい状態です。(T T)

野菜は,また子どもたちとアイデアを出し合って考えていきたいです!

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

砂遊び

砂遊び~♪

ここはビーチ?

いいえ,公園です。

近場でビーチ気分を味わえます♪笑

勝手に素足になって遊んでいました。

(いきちかにはお風呂場も庭水栓もあるので,ケガの心配がなければ屋外素足も容認できます。)

ちなみに,これ,子どもが本で「深く穴を掘ったら水が出る」というのを読んだので,それを試しているそうです。

ふざけているだけにしか見えませんが,「仮説と実行」を行っている訳です!
ふざけていましたけどね。

「実行」の結果,残念ながら水は出てきませんでした。^^;

水が出てこなかった理由は,子どもによると,「公園の砂場はコンクリートの中にあるから」だそうです。

じゃあ今度ぜひ,いきちかのお庭を掘ってもらいたいですね。う~んと深く!

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

水着,洗えます

夏休みは,学校の水泳教室が午前中にあります。

水泳のための途中退入室(中抜け),もちろんOKです。

さて,子どもが持ち帰った水泳バッグの中には,濡れた水着とバスタオル。
これが,このまま夜まで・・・。

そして,水着は,明日も使います。
なので,保護者が帰宅後の夜に,急いで洗って乾かす訳ですが・・・

ご希望であれば,いきちかで,洗って干しておくことも可能ですよ。(^^)

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

子どもが仕掛けるイタズラ(クモ)

学校の水泳教室のために中抜けする子が,「カバンのところ,見てみてね!」と言って笑顔で出ていきました。

ロッカーを見てみると・・・

クモの,おもちゃが・・・。

最近,このクモのおもちゃを不意に出没させるイタズラが,流行っています。

スタッフは特別な虫嫌いという訳ではありませんが,やはり不意に出没するとドキッとします。(^^;

イタズラは,他人や状況への関心の表れであり,計画性のある知的活動なので,実害がない限り歓迎します。

叱るでもなく無視でもなく,「もー!これドキッとする!嫌だわー!(>_<;)」のように,“確かな反応を返して”おけば,子どもは喜んで,次々と仕掛けてきます。^^ 
(これがもう,しつこいぐらいに・・・)

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

ロボティックトイでの能動的な学び

夏休みに入りました。
朝から賑やかです。^^

冒頭の写真は,ロボットをプログラミングで操作して遊んでいるところです。

いきちかでは,このロボットと操作端末(スマホ)は,自由に使ってOKです。

「ロボットはプログラムしたとおりにしか動かない」ことと,「スタートからゴールまでの動きを作るには,動きの1個1個を作ってつなげていく」ことの2点を最初に教える程度で,あとは,子ども自身で試行錯誤してやっています。

わかりやすいブロック形のプログラミングなので,操作はすぐに習得しています。

もし,期待する位置でロボットが止まってくれないときは,移動スピードか,移動時間を調整します。

ある子は時間を調整しようとしたのですが,しかし2秒の設定では短く,3秒では行き過ぎてしまい,困っていました。

ここで,2と3の間の,2.x(2てんいくつ)の考えの登場です。
教えてみたところ,こちらの子(1年生)は小数点の概念を初めて知るようでした。
まだ完全には理解はできていない様子でしたが,「2.4」秒でロボットがいい位置で止まったので,2と3の間にまだ数値があることは,実際に体感できたことと思います。

こちら↓の写真は,ロボットに喋らせる言葉を入力しているところです。音声入力ができない端末なので,フリック入力に初挑戦しています。

ちなみに,日本語の五十音というのは,アルファベットのような一列配置ではなく,「行と列」から成っています。そのため,日本語の文字入力は,実はかなりワーキングメモリを要します。

ワーキングメモリは記憶の一種であり,知能(知的能力)の一部でもあります。

日本語をフリック入力する場合,まず入力したいフレーズ(例「しました」)を覚えておいて,その中で今から入力する文字は「し」であることを認識して,それも覚えつつ,その「し」は「サ行」であることを別の記憶の引き出しから引き出して,そして「さ」のボタンを見つけてタップし,目的の「し」を見つけてその方向にフリックする訳です。

入力したいフレーズ全体(例「しました」)を覚えたまま,この作業を1文字分ずつ繰り返します。

大人は軽々行えるこの作業も,1年生には結構負荷が大きな作業です。(ちなみにフリック入力に未だに慣れない筆者も苦労しています…)
それでも子どもは,自分がやりたい遊びなので,楽しく挑戦しています。
ロボットを喋らせたいという意欲が,自然と,ワーキングメモリのトレーニングにもつながっている感じです。

いきちかは,プログラミングスクールではありません。いきちかでのプログラミングは,遊びです。

遊びだからこそ,主体的で能動的な学び(アクティブラーニング)が行われていると感じています。^^

引き続き,楽しみながらコンピュータサイエンスな思考法を身につけていくことも,期待しています。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━