即興画

帰宅時間の10~15分ほど前に,「絵の具使っていい?」という2人の子ども。

今から!?と思いつつ,確かにまだ時間はあるので,時間までには片付けを終えてほしい旨を伝えつつ,了承。

大きな紙を持って来たり,新聞紙を敷いたり,容器を探して水を入れてきたり,

あっという間に準備して,

そしてあっという間に描き上げ,

無事,時間内に片付けまでできました!

必ずしもいつもこんなにスムーズな訳ではありませんが,やるときはやる(やれる力はもっている!)子どもたちです! v(^o^)v

水分たっぷりの筆で描いたようで左側は薄めですが,いきちかの名前が入っていますね。
これ,いきちかの看板やチラシに使えということでしょうか・・・?暗黙のプレッシャーです(笑)。

ちなみに,この2人のうち1人は,普段めったにお絵描きをしない子です。

コンプレックスがあるものは人前でやりたがらない子で,絵もあまり上手ではないと自分で言っていたのですが,
この日はテンション高く,もう1人の子に便乗して,ノリノリに描いてくれました。^^

本当に嫌いなことは無理に行わなくてよいと思いますが,もし劣等感から萎縮してチャンスを逃しているだけなら,もったいないですよね。

この日は不意に訪れたチャンスでした。大人の勝手な都合でチャンスを潰さずに済んで,本当によかったです。

結果として,お絵描きが楽しい経験として,子どもの中に残ったように思います。

子どもに絶対必要な自信や自己肯定感は,こういう小さくても楽しく「できた経験」と,それを認めてもらった経験の積み重ねからできるものだと思っています。

これからも,突然訪れる一人ひとりに沿ったチャンスを見逃さないように,感度高くがんばります。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です