抜いた方がいい雑草

新蒲田二丁目児童公園にできた花壇を地域みんなで使おうという「花壇プロジェクト」。

まだお金も物も何もなく(花壇しかない),これから何をどう植えていくかのアイデアもまとまっていませんが,ひとまず本日,このいきちか花壇に自らの力で生えてきた草たちを観賞する,自生植物観察会を開催しました。

植物先生が加わってくださったので,いろいろ教えていただきました。

中でも,「抜いた方がよい草」「残してもよい草」については,今一番知りたかったことで,ありがたかったです。

基本的に抜いた方がよいのは,根っこが広がりすぎる種がたくさん落ちるなど,繁殖力が高すぎるものだそうです。

クローバーに似ているこちら↓は,「カタバミ(片喰み)」。

植物に詳しくない私も,この子の経験は記憶にあります!黄色い花がかわいいのでつい残してしまい,あっという間に広がりました。そして,茎が弱くて根が強く,抜きにくいのです!!これは根が強くなる前に抜きましょう!

こういうイネ系の草↓も強いので抜いた方がよいそうです。私,イネ花粉アレルギーもありますので,ぜひ抜きましょう抜きましょう!

花壇で一番大きなこの葉っぱは,西洋タンポポ↓。ご覧のとおりの生殖力。明らかに強いですね。抜きましょう抜きましょう。(日本タンポポがんばれ~)

↓子どもに抜いてもらいました。「おおきなかぶ」風に「うんとこしょ どっこいしょ」と声をかけたものの…,葉っぱがブチブチとちぎれるだけで,根っこは抜けませんでした。大きな葉はルッコラそっくりですね。おいしそう。

↓西洋タンポポの根っこ,こんなに立派でした。西洋のものはこれほど大きくなるからこそ,タンポポコーヒーなる不思議な飲み物も生まれたのかもしれませんね。

↓なんとなく見たことがあるこちらは,コニシキソウ。これも伸びたところからどんどん根が出ます。経験あります。抜きましょう。

写真を撮れませんでしたが,ドクダミも抜いた方がよいということで抜きました。確かにドクダミもたくさん広がるイメージありますね。

逆に残したのは,

ハナニラと思われる葉っぱと…,

ネジバナと思われる葉っぱ。

うーん・・・ハナニラとネジバナ・・,正直見分けがつきません。先生も「多分そうだと思うけど…」というトーンでしたが,この2つの違いが見えているだけで十分すごすぎです。

さあ,これらがどのように育つか,どのような花が咲くか,楽しみです!!

(※記事の最後に追記あります。これらの葉っぱの正体は・・・!?)

いきちか花壇プロジェクトは,いつでもだれでも使える公園の花壇と,気軽で便利なインターネットを組み合わせて,地域でゆるやかな新しいつながりが生まれることを目指したプロジェクトです。自分にあった方法・ペースで,ゆるりとつながり,プロジェクトに関わってみてください。(今は大田区の新蒲田二丁目児童公園の花壇1箇所ですが,輪が広がっていけば,花壇も増やしたいです)

詳しくは下記ページをご参照ください。

追記です。

2021年3月に,小さなハナニラが咲きました!

そして同年5月に大量のハタケニラが咲きました!(この時期,花壇の外も公園全体でハタケニラが咲いていました)

ネジバナは咲きませんでした。

▼ハナニラの写真はこちらから

▼ハタケニラの写真はこちらから

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です