ikichikagakudo@gmail.com
050-5867-2041

オーガニック花壇の害虫対策

花壇プロジェクト

生態系豊かな「いきちか花壇」(@新蒲田二丁目児童公園)は,まるで小さなジャングルです!緑もたくさん繁り,多様な虫がここで生活しています。

しかしその分,花壇の花や新芽の虫による食害が深刻になってきました。

虫の様子,芽が消えた種だんごの様子は次の2記事をご参考ください。

虫との共存もあこがれますが,そうは言っても種まきしても芽が育たない状態は困るので,対策が必要になりました。

コーヒーかすを試したところ全然効かなかったので,今回はやむを得ず,もう少し効力のあるハーブと薬剤を使用することにしました。

使用してもオーガニック栽培,オーガニック花壇を名乗れるもの・方法をチョイスいただきました。板垣博英先生,ありがとうございました!

使用日は,2021年6月5日(土)。

使用ハーブ・薬剤は,「ニームケーキ」「木酢液」「ナメトール」と,場外使用の「ハイパーお庭の虫コロリ」です。

ニームケーキ

ニームという木に,虫除けのすごい効果があるそうです。インド医学(アーユルベーダ)では,ニームはお薬扱いだそうです。(ニームを育ててみたくなりますね。)

このニームから作るガーデニング商品としては,「ニームオイル」と,オイルをとる際の残りかすから作った「ニームケーキ」があるようです。

使い方は,オイルは,用途に応じた濃度に水で薄めて,葉っぱでもどこでも,目的の場所にスプレーします。ニームケーキは,土にまぜます。ニームケーキは商品分類としては「植物性土壌改良材」になるようです。自然の成分です。

今回使用したのは後者のニームケーキです。少し肥料っぽいにおいがありますが,比較的マイルドです。

埋めたいところにシャベルを立てて入れれば埋めやすいそうです!裏技!

木酢液

続いて,木酢。こちらも自然のものです。炭を焼くときに出る煙を冷やして液体にしたものだとか。においは確かに,ザ・スモーク!

ガーデニングでは,害虫対策にも,植物の生育促進にもなるとか。よいことだらけじゃないですか。

入浴剤としても皮膚トラブルに効果的といわれていて,私も何年か前までお風呂用の木酢液を使っていました。多分,子どもができてから遠ざかって,そのまま忘れていました。また使いたくなりました。

よいことだらけに見えますが,デメリットは,そのにおい。木酢液は,ニームケーキよりも,がっつりにおいます。煙のにおいなので,有害なにおいという訳ではありませんが,ただ強くにおいます。

ガーデニングで木酢液は,通常は水で薄めてスプレー等するのですが,「翌日雨だし,いっか」と,原液のまま花壇にまきました。数日間,花壇がスモーキーでした。(苦手な方がいらしたら,申し訳ございませんでした・・・。)

ナメトール

先までは自然なものでしたが,ここからは薬剤です。農薬です。

コーヒーかすの中でも悠々とくつろげる強靱なナメクジたちなので,ここはもう薬剤に頼らないと厳しいと判断されました。

とはいえ,このナメトールは使っても「有機農作物」(オーガニック)と名乗れるらしいので,ちゃんと有機的な(?)ものなのだと思います。(←このへんもうちょっと詳しくなりたいです)

ツマグロヒョウモンの幼虫が育ってきていたので,ツマグロさんがいるところ(パンジー・ビオラ周辺)を避けながら,花壇のあちらこちらにこのナメトールをまきました。

ナメ取ってね,ナメトール!

(場外)ハイパーお庭の虫コロリ

アース製薬の薬剤です。もう名前からして強そうです。

「家の周りや庭にまくだけで、ナメクジ、カタツムリ、ダンゴムシ、ワラジムシ、ヤスデ、コオロギ、ムカデ、アリなどの様々な害虫を誘引し、食べさせて駆除する。」だそうです。

カラフルな顆粒。まくだけでOK。ものすごい手頃です。オーガニックとか関係なく,とにかく害虫を駆除したい!という場合は,とても便利な品だと思います。

ただしこれはオーガニック対応品ではないので,これを花壇の中にまくと,もうオーガニックでなくなります。

いきちか花壇は今のところオーガニックでいきたいですし,花壇の中にいる蝶の幼虫までコロリされると困るので,こちらの薬剤は花壇の中でなく,外にまきました。花壇の内外に大量にいるダンゴムシ・ワラジムシがターゲットです。

花壇の外にまいたカラフルなハイパー虫コロリ。子どものお菓子みたい。

商品パッケージには「ひと晩で効果を実感!」と書いていますが,いきちか花壇では,1週間ほど経って,この顆粒のそばでダンゴムや謎の虫がたくさん死んでいるのが確認されました。十分な効果です。

ダンゴムシはかわいいのですけどね。自宅でも観察飼育をしているぐらい愛着もありますが,しかしとにかく多すぎます。ものごとは,過ぎてはいけません。過ぎたるは猶及ばざるが如し。自宅のダンゴムシがキャベツをあっという間に食べ尽くす姿を見ると,花壇の草花も相当食べられているのだろうなと思います・・・。

以上,いきちか花壇で使用した害虫対策のハーブ・薬剤をご紹介しました。同じようにオーガニックガーデンで,虫の害に困っている方のご参考になれば幸いです。

なお,この薬剤を使う前に,害虫の人力での地道な捕獲と,地表を覆っていた草の刈り込みも行っていることを補足します。それでいくらか減った気もしていますが,これからの梅雨で絶対また増えると言われ,今回ドカンと薬剤を投入した次第です。

そしてその後,花壇のあちらこちらから,発芽が確認できています!

遅ればせながら出てきた新芽も,今のところ食べられていません!!!YES!!!期待!!!

ダンゴムシ(赤ちゃんも!)は乗りつつも,遅ればせながら種だんご周辺から何やら発芽

いきちか花壇プロジェクトとは

いきちか花壇は,みんなの花壇です。誰でも一緒にお使いいただけます。

みんなで,わいわい言いながら,種をまいたり,剪定に挑戦したり,写真を撮ったり,今回のように虫対策をしたり,イベントを企画したり,新しい挑戦をしてみませんか。

参加費は無料です。お住まいや年齢などの制限もありません。

花壇プロジェクトの詳細ページをご確認のうえ,お気軽にLINEオープンチャットにお入りください。

この活動をサポートいただけませんか

いきちかクラブ向井
いきちかクラブ向井

記事をご覧いただきありがとうございます。私たちの活動をいいねと思っていただける方は,記事のシェアや,少額ご寄付(投げ銭)などで応援いただけますと幸いです。ご寄付は主に,このサイトの維持運営に使わせていただきます。

ご支援のお願い

—子どもも,大人も,みんなが今より少しでもラクに楽しく生きられる社会を目指して—

今の私たちの暮らしは,みんな,少しずつ苦しい状態です。既存の仕組みで解決できていない問題は,新しい仕組みが必要です。私たちと一緒に新しい仕組みを作り続ける人,私たちを支える人になっていただけないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました