ひまわりの種まきとその後

「福島ひまわり里親プロジェクト」に参加されている方から,いきちか花壇に種を植えたいとご連絡をいただいていました。詳細は下記記事をご覧ください。

青い種

予定どおり,5月29日に,種をまきました。

冒頭の写真がそのときの種なのですが,まさかの青!かっこいいメタリックブルー!何かフィルムコーティングされていますね。

抗菌剤か何かかと思いますが,これ,どこでコーティングしているのでしょうね?福祉事務所では扱わなさそうなので,専用業者でしょうか。となるとこの種も,業者ルートといいますか,市販の種なのでしょうか?(どこで採れた種でも構わないのですが,関わるならもう少しプロジェクトの流れとか全体像を知りたいお年頃…)

福祉作業所で種を袋詰めしている動画を確認したところ,動画開始05:15では普通の種が用意されていて,05:21の袋に入れる瞬間はハッキリしないですが普通の茶色い種のように見え,05:50では袋の中がコーティング済みの青い種になっていました…。

6月18日追記:
福島ひまわり里親プロジェクト事務局の方からご丁寧なご説明をいただきました。
青い種(抗菌剤と発芽促進剤のコーティング)は,種苗メーカーから購入したもので,福島県外の「里親」用。普通の種は,里親が育てて返却したもので,福島県内の人用。この2種類の種がYouTubeでまざって映っていた感じのようです。

密密

さて!今回ご用意したひまわりスペースが,こちら(下の写真)。

狭くてすみません。密集花壇なもので・・・。モモイロタンポポとリナリアを1株切って,スペースを作りました。

ひまわりの種を複数まくときは,20~30センチは間隔あった方がいいと色々な説明書に書かれています。なので,このスペースだとせいぜい2箇所ほどでしょうか。

ところが・・・。どん!

主さんのご希望により,結果,このように密密に植えました!せいぜい2箇所ほどかと思われた空間に,なんと10箇所!

やっぱりここは密集花壇となる宿命のようです・・・。(笑)
特徴あっていいですよね!(ポジティブ)

一般的には,1つの穴に2~3個の種を入れて,そこから出た芽の中で一番元気なものを1つ残して,あとは抜く(間引く),という方法がとられます。

しかし今回は,主さんの普段のやり方どおり,1つの穴に1個の種方式にしました。

さすがにそれぞれから発芽すると密すぎると思うので,発芽の様子を見ながら,また間引いていくと思います。

発芽

5月末に種を植えて,その後・・・。下の写真は6月9日。11日後の様子です。

この前日の8日,青い囲みの芽を「ひまわりだ~!」とLINEオープンチャットで投稿してしまいましたが,翌9日に赤い囲みの芽が出て,こっちがひまわりかも・・・と訂正しました・・・。

まだまだ素人。見分けが付きません!

引き続き,ひまわり,およびこの周辺全体の芽の成長を見守ってまいります。(青囲みの芽,なんでしょうね)

公園にお越しの皆様も,どうぞ温かくお見守りください。(u人u*)

オープンチャット

先ほど文中に出ましたLINEオープンチャットとは,いきちか花壇プロジェクト用のチャットです。ここで,花壇の様子の報告,相談,その他諸々を,ゆるゆると話しています。

お友達登録不要です。匿名参加もOKです。まずは様子見(見るだけ参加)でもOKです。

お気軽にご参加ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です