わらび餅!?

これは,ある日のおやつと,そのときの会話です。

いきちか「今日のおやつは,さて,これ何でしょうか?」

子ども「きな粉餅!」

いきちか「確かに!!それも正解! 他には? これの呼び名知っている人~?」

子ども「なんだっけ…,わ,わ,わ…わらび餅?」

いきちか「ありがとう!実はその回答を待ってました!」「わらびって知ってる? 知らない? わらびって,こんな姿です」(写真見せる)

子ども「へー,葉っぱじゃん」

いきちか「この芽の状態でも食べられます。春の食べ物で,よく天ぷらにされます。」「で,わらび餅は,これの根っこです。根っこから“デンプン”を取って,そのデンプンの粉から作っています」

子ども「デンプンって何?」

いきちか「確かに・・・・。デンプンって・・・・・何だろうね。今度一緒に調べよう・・・。」「それで,わらびのデンプンは,この根っこから,実はほんの少ししか取れないらしいです。少ししかないので貴重品で,お値段も,結構お高いです」「なので,今日のわらび餅は,実は,わらびのデンプンではなく,サツマイモのデンプンとクズのデンプンからできています!」

子ども「えー!!!」

いきちか「いい反応!! 今日のおやつは,わらびを使っていないので,正確に言えば,『わらび餅,もどき』でしょうか。そして確かに,『きな粉餅』も,大正解でした!」

そんなことを話しながらの,おやつタイムでした。子どもたちの反応もとても素直でした。(普段は予想の斜め上を行くことも多いのですが)

いきちかでは,子どもの興味関心のきかっけとなることを期待して,頻繁に,プチ雑学が飛び交います。一方的な教授ばかりにならないようにも気をつけつつ。

さてさて,お次は「デンプン」ですね。デンプンって難しそう・・・。どうやって調べてもらうか,作戦を立てます。^^

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

子どもの夕飯時刻と健康問題

今日は,貴重なデータ結果を公開します。

いきちか学童クラブの近くにお住まいで,小学生の子どもがいて,就労等をしている保護者によるアンケート結果です(N=37)。
ちょうど,2019年度現在で小学校1~2年生(+兄弟児)の親ばかりという,分かりやすい結果となっています。

冒頭のグラフは,小学校1~2年生の夕飯時刻のアンケート結果です。

全体の半数が,19時台で,
4分の1が,20時代台です。

親の帰宅時間のアンケート結果が,全体の3分の2が18~19時台ということからしても,ごく自然な結果と思われます。

さてさて,一般的に,「食事は就寝の3時間前までに」と言われています。
それができないと,消化不良を起こす,睡眠の質が下がる,太りやすい体質になる,というリスクが高まります。

では,実際の食事時間から3時間後というと,
全体の半数が22時台,
4分の1が23時台,
ということになります。

小学1~2年生が,です。
それは,少し,遅いですよね。

なので実際は,多くのご家庭で,3時間経たないうちに就寝となっていると思われます。

これは,誰が悪い訳でもないのですが,現実問題として,
子どもに,消化不良,睡眠の質の低下,太りやすい体質化というリスクを負わせていることになります。

いきちかが夕飯を提供する理由の1つが,これです。
現状より,もう少し早い時間に食べ始めていただきたいですし,そのためには,学童で提供する必要があると思いました。

できれば親も一緒に食べてほしいので,「就寝3時間前」と「親と一緒」の両立ができるギリギリを狙って,18:30頃の提供を予定しています。

学童で夕飯を食べるのは,必ずしも,親の負担を減らすためだけではありません。(これも重要なことですが)

子どもの健康のために必要であると,私たちは考えています。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

いきちかの食事の基本方針

いきちか学童クラブでは,お食事の提供も可能です。

ですが,ただ「お食事」と言われても,いったいどんな食事か,気になりますよね。

内容とか方針も,本当は早くお伝えすべきところですが,仕入れ先もまだ流動的で,確固たる「お約束」ができない状況です。申し訳ございません。

お約束ができないので曖昧な表現になってしまいますが,基本的な考えは,次の感じです。

  • 一汁三菜を基本とした一般的な家庭料理。
  • 「健康」と「子どもがおいしく食べてくれること」のバランスを考慮。
  • 無農薬や無添加など特別にはこだわらないが,意識はする。(お肉も抗生剤不使用~無残留を意識)
  • 砂糖やお米は,精製しすぎない状態が望ましい。
  • 衛生には十分配慮したうえで,学校給食では出ない非加熱食(サラダなど)も提供する。
  • 子どもが望むなら,一緒に調理することも大いにある。

ビオとかローフードのような,際だった特徴はありません。特徴がないのが,いきちかの食事の特徴です。

真面目な話,「ちょうどいいバランス」というのが一番大切で,一番難しいことと思っています。

たとえば,「ポリフェノールは抗酸化作用があり体にいい」と言われていても,ポリフェノールたっぷりのままでは苦味や渋味が強くなり,子どもが嫌がることもよくあります。

美味しく楽しく食べてほしいですし,でも栄養も抜きすぎたくありません。

だから,それらのバランスを工夫していくしかありません。

また,好みも個々人によって異なるので,今日食べてくれる人たちに応じて,都度バランスを工夫をしていくことになります。

と言いながらも,子どもたちの好奇心に沿って,あるときには実験的に,突き抜けた(=バランスの悪い)料理を作ることもあるかもしれません。^^;

そして,絶対に食中毒を出さないためには,学校のように限定された調理法で行うしかありませんが,しかし,本来の食の楽しみは,様々な食材と様々な調理法で成り立ちます。
食品衛生責任者の責任のもと,衛生には十分配慮しながら,学校給食では出せないものも出したいと考えています。

そういった,いろんな配慮で成り立っているゆえに特徴を言い表せない料理を,「家庭料理」と呼ぶのかもしれません。

いきちかの食事は,特徴のない,家庭料理です

わかりにくくて申し訳ございませんが,ご理解いただければ幸いです。

実際にお食事の提供が始まったら,写真の公表も考えます。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

運動会の代休とお弁当について

週末は,近所の道塚小学校で運動会がありました。そして,昨日の月曜日は,その振替休日でした。

これで近隣小学校の運動会,無事終了しましたね。
子どもたち,先生方,本当にお疲れ様でした!
保護者の皆さまも,炎天下の中で立ちっぱなしの観覧で,体のご負担も大きかったのではと思います。

振替休日は,子どもだけでなく,できれば大人も体を休められればよいのですが・・・,そうは言っても,お仕事を休めない事情も色々あると思います。
(子どもと一緒の方が休めない,という説もあり・・・)

いきちかも,来年の運動会の振替休日のときは,お子様を朝からお預かりする予定です!

振替休日のように朝からお預かりの日は,お昼ご飯にお弁当をご持参いただいてもよいですし,有料になりますがこちらで調理も可能ですので,その際は手ぶらで大丈夫です。

学校や児童館での公設学童では,お弁当必須ですよね。
親御さんは,慌ただしい出勤前に,お弁当作り。夏休みなどの長期休暇中は毎日毎日,本当に大変だと思います。

余談ですが,今まで,別の学童で子どもたちのお弁当を見てきて,実は,この運動会の振替休日の日のお弁当が一番,親御さんの疲れを感じ取れたりします・・・。
夏休みなどは毎日のことなので,作り置きなど,ある程度準備もできるのかもしれません。
しかしこの振替休日は,単発ですし,運動会で立派なお弁当を作り上げた直後で力尽きているかもしれませんし,何より,運動会で親自身も疲れていますよね。

そのような中でも,朝からお弁当を作り,子どもに持たせている親御さん。本当に,頭が下がります・・・。

振替休日,終業式,長期休みなどの,学校の給食がない日のお昼ご飯問題。

もしお弁当作りがご負担であれば,どうぞ,いきちかにお任せください。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━