いきちか花壇のたね採取

花壇で見事に素敵に咲いた春の花たちも,5月に入った頃から種(たね)が取れ始めました。今回は種採取のお話です。

まず,シレネ・ユニフローラを例に,花が種になる様子をご紹介します。

↓これが花の状態ですね。
シレネの仲間はみんな,花のうしろが長めなのが特徴的です。ここの部位の名称,いっぱい調べました。たぶん,苞(ほう)だと思うのですが…違っていたらご指摘ください…。シレネ・ユニフローラの苞(ほう)は,ぷっくり楕円形です。

↓花が終わると,苞(ほう)の中に,つやつやの緑色の丸い豆がありました。この豆部分の名称は「子房」?「室」?自信ありませんが,とりあえず,ここがマタニティのお腹です。

このお腹が,緑色からだんだんと茶色になっていくにつれて,お腹の口も少しずつ開き始めます。

この間に,最初は粉のようだった種も,少しずつ大きくなっていきます。口が全開になる頃には,種も成熟しています。

やがて全開の口から種が自然とこぼれて,土に落ちて,次の命が始まります。

しかし,黒くて小さな種が土に落ちてしまうと,それを見つけて拾うのは至難の業です。なので,落ちる前に採取したいところです。

一方で,採取が早すぎると種が未熟だったりします。

そのため,種採取というのは,実はなかなかタイミングが難しいです・・・。仕方ないですけどね。

ガーデニング素人の私たちが最初に立てた年間計画では,種採取もイベントにして,地域の子どもや保護者たちと一緒に種を取りたいと思っていました。

しかし・・・,やってみて気づきました。実際の採取のタイミングというのは,まったく読みきれないと。花の1個1個ごとに取りどきも異なります。

日時を予め決めておく形のイベント化は無理でした。

学童保育事業をしていれば,毎日公園に遊びに行きながら様子を見て,「もうすぐここの種は取れそうだね」と週案の保育計画に入れることはできると思いますが。(でも今はやっていません)

そのため,現状での理想型は,公園にふらりとお越しいただく方に,取りどきの種があれば取っていただく,という形です。

よろしければ,ぜひ,お願いします。
マタニティお腹の口が大きく開いていれば,そこを摘み取ってみてください。

引き渡しの日時は,チャットやメール等でご相談ください。

種の引き渡しまで日数が経ちそうな場合は,お手数ですがジッパー付きの袋に入れて,冷蔵庫で保管いただけますと,大変に助かります。

こうして採取した種は,地域の方の栽培体験(花の里親)に使おうと思っています。助成金が取れれば夏以降に里親を募集します。

さて,ここからは,花と種の写真ギャラリーです。

▼クリスマスローズ

クリスマスローズ。つんつんしたお腹が5個ぐらい。これも徐々に茶色くなって,あるとき割れて,種が落下します。花にネット(お茶パック等)をつけておくと種をキャッチできます。葉っぱにキャッチしてもらおう作戦は,強風でダメでした。
つやつやの種。全長5mm程度。光沢があるうちなら,土に落ちてもなんとか見つけられる…かも?大変ですが!!今回は気合いで拾いました。

▼シレネ・ピンクパンサー

ビビッドなピンクの小花が映えるピンクパンサー。花壇のあちこちで育ちました。ぜひ来年も咲いてほしいです。
シレネ・ユニフローラと種のでき方は同じです。お腹がぷっくりすると口も開いてきます。しかし密集花壇の中で,この小さな茶色いお腹が,地味に見つけにくい…。お腹も重くなると横や下向きに垂れ下がり,お腹自体も薄くもろく,気づいたときには既に種が落ちた後がほとんど。。で少ししか取れませんでした。

▼シレネ・ディオイカ(レッドキャンピオン)

咲き始めのレッドキャンピオン。もっと伸びます。ぐんぐん伸びて,花もたくさん咲きました。
高地で堂々と目立つお腹!分かりやすい!上を向いて口を開けてくれているのも,ものすごく助かります。

ピンクパンサーと似ていますが,それより大きめ。お腹も硬め。ピンクパンサーがもろい紙袋なら,こちらのレッドキャンピオンは段ボール箱。

▼ムスカリ

2年目以降のムスカリ(球根から植えた1年目のムスカリは種がつきませんでした)
球根ができるムスカリですが,種もできました(当たり前か…)。お腹はまん丸じゃなく,三ツ矢型。
1つのお腹の中で3つの部屋に別れ,1部屋に1種。口が全開になる前でも種はしっかり大きくなっているように見えるので,全開になる前に取りました。この状態で大丈夫であれば,取りやすいです。種はビロードのような,滑らかな漆黒。形状も独特で,揺らぎやすい&転がりやすい。きっと種を遠くまで転がしたいのだと思われ。
もともと揺らぎやすい形状のところ静電気を帯びたのか,種に軽く触れただけで,弾け飛びました!面白い!

▼モモイロタンポポ

人気のモモイロタンポポ。本当素敵です。
モモイロタンポポも,普通の黄色いたんぽぽ同様,綿毛ができます。マタニティ腹はできません。
綿毛ができてすぐに取っても,種はまだ未熟でした。茶色く大きく成熟するまで待ちつつも飛ばないうちに取らなければという,やはり種採取はタイミングが難しい。
しかし・・・種の成熟を待っているうちに,飛ぶ前に「食べ荒らされる」という事件発生!多分ナメクジ。モモイロタンポポの種はぜひ欲しかったのに,少ししか取れずショック。
綿毛がついていると飛んでいくので,綿毛は取り除いて保管。大きくなるのを待っても,焦げ茶色の成熟種は意外と少ない…。

▼ビオラ/パンジー

冬も春もずっと咲き続けてくれたビオラ。ありがたすぎる存在です。来年もぜひお願いします。5月までは,種を作らせないよう(花を咲かせ続けるよう)に花がら摘みをしていました。ごめんね。
お腹が割れて種が落ちたあと。口が開くどころか,お腹全体が割れます。割れると種が落ちるので割れる前に取りたいのですが,タイミングはかなり難しいです。まだ1粒も取れていませんが,花壇に落ちているならよしとします。

▼オダマキ

こちらはミヤマオダマキ。もう少し背が高い西洋オダマキもあります。
ピエロの帽子のようなマタニティのお腹。西洋オダマキもこんな感じです。ここから茶色くなるまで意外と長くかかりました。
写真の上側のピンボケ部分,お腹が茶色くなって,口も少し開いてきました。しかし「全開」と思える状態になかなかなりません。この状態からもう2週間待っていますが,ほとんど変わらず。そろそろ取ろうかな。

▼オンファロデス・リニフォリア

白くやわからい雰囲気の小花。葉っぱの色もアンニュイ。
花が終わると星形の「がく」の中に,おへそ型の種ができました。花1個につき,おへそが4つほど。
最初,このおへそはお腹かと思っていたのですが,中から粒が出てくる様子がなく。このおへそが種のようです。これが一番,種採取しやすかったです。

初めての種採取でしたが,花の種類によって,種のでき方も,落ち方/飛び方も,形状も,本当に違っていて,新鮮な発見だらけでした。また,同じ種類の花でも,種のできる量など,1つ1つで個性が違っています。奥深いです。

もし,種って面白いなと感じた方がいらっしゃいましたら,よろしければ,いきちか花壇オープンチャットにご参加ください。一緒に楽しみましょう。

花壇にお越しになれない遠方の方でも,写真などを通じて,一緒にエンジョイできればと思っています。^o^

花壇プロジェクトは特別な協会ではなく,興味や関心事を通じて,自然とゆるくつながっている場を目指しています。

ご支援のお願い

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です