旅行話でみる「伝える力」

家族旅行などのバケイションをエンジョイした子どもたち。

どんなことに挑戦したか,何を発見したかなど,子どもたちが集まっているときに聞いてみました。

挑戦を通じて学んだこと,得られたことを,子ども同士で教え合えれば素敵だな♪と夢見つつ。

さて,あらかじめ保護者から聞いて,どこに行ったとか,何をしたかとか大枠は把握していたのですが・・・
さすがの子どもたち!見事に予想を裏切る変化球が飛んできます。

「ジュースを飲んだ!」
「お昼ご飯は違うホテルで食べた!」

特に低学年は枝葉末節な話ばかりで,聞いてもイメージが湧きません…。

キャンプでBBQをして自分で焼いたとか,
沖縄でサンゴについて勉強してきたとか,
ステージで大勢の前で緊張せずに歌えたとか,
川をカヌーで探検したら怖い所があったとか,
シュノーケルをしたら魚が大量すぎて気持ち悪かったとか,

そういった期待していた話が・・・待てど待てど,出てきません。笑

しかし根気強く聞いていくと,パズルのピースが増えていく感じで,子どもの実際の報告内容も,なんとなくイメージができていきました。

ただ,話も時間を費やすほど子どもも飽き始め,完全には理解できないまま,子どもによって話は終了されました。

出来事や考えを分かりやすく伝えるというのは,難しいものです。しかし,大切なことです。

いきちかでは,このような「相手に伝わるように表現する力」も大切にしたいと考えています。

一方で,考えを「書く」ことは一段と複雑な処理になるので,もし作文をで書かせようとすると,現時点では「キャンプに行った。楽しかった。」程度で終わる可能性が高いように感じています。

だから,伝えることに苦手意識を持たないよう,今は,口頭で,自由に楽しく,思い出のピースを出してもらうことを意識しています。

そして,もしそのピースが整理できていなければ,大人からの質問を通して,一緒に整理していきます。いきちかの日常の中で,その経験を繰り返し行う予定です。

まだ始まったばかりのいきちか学童クラブ。子どもの成長が楽しみです。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です