花がら摘み

冬の花壇は葉っぱも冬形態になり,見た目がさみしくなってきます。その中でも,かわいい花を咲かせて,花壇に色を添えてくれるビオラ。

大切な花ですが,くるくると花びらがまき始めているものや,花が終わっているものは,容赦なく摘み取るようにと指示いただいています。

種をつけると役目を終えたと認識して,花を咲かせなくなってしまうので,逆に,種ができないようにこまめに花をつみ取っておくと,5月の終わりまで咲き続けてくれるそうです!

摘んでも摘んでも次から次に咲くらしいので,安心して摘めます。

この終わりかけの花をつみ取るのを,「花がら摘み」と言うそうです。(この言葉見たことありますが,意味がやっと分かりました!)

さてさて,今はメンバーが水やりのたびに花もチェックしていますが,「みんなの花壇」なので,公園のご利用者も自由に花がら摘みや枯れ葉ひろいなどもしていただければな~と考えています。でも,いつ何をしたかを管理したいので,たとえばこちらのGoogleカレンダーにそれぞれ書き込んでいただければ最高です。

とはいえ,Googleカレンダーはハードルが高いという声もあるので…どうすればよいか……ぜひアイデアもお聞かせください。(>人<)

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です