プロジェクトベースの課題解決学習

今日は,いきちかの特徴の1つでもある,プロジェクトベースの課題解決学習について,お話します。

これは,「PBL」と呼ばれています。

PBLは何の略かと言いますと,

「Project Based Learning」(プロジェクトに基づいた学習)でもあり,

「ProBlem solving Learning」(問題解決型学習)でもあります。

2通りの名称がある訳です。

日本語でどうするかが,大変悩ましいワードです(苦笑)。

ようするに,自分たちの関心ごとを,自分たちで「プロジェクト」として,進展していくことです。

問題を問題として自分で認識し,
チームに理解されるように伝え,
みんなで,あーだこーだと話し合い,
みんなで計画を立てて,やってみて,
結果を振り返り・・・
みたいな感じです。

プロジェクトの「結果」ではなく,「過程(プロセス)」自体に価値があることを,ご理解いただけるでしょうか。

古典的な,座学での記憶に基づいた学習とは異なります。生きた学習です。

そして,テーマは大人から与えられるのではなく,子どもたち自身の自然な興味関心に基づくことを重視しています。

子どもたちの何気ない発言や態度を聞き逃さず,そしていかに無理なくプロジェクトにつなげていくかが,私たちの腕の見せ所だと考えています。

まさに,ザ・「アクティブラーニング」で,文科省のいう「主体的・対話的で深い学び」そのものですよね。(^^)

近年では「プロジェクト型保育」も,幼児教育界で取り入れられてきています。

いきちかの近所の保育園でも取り組まれていて,子どもたち自身の興味関心を発展させた,主体的な体験を重視しています。

せっかく幼児期で行っていたのに,小学生になるとできなくなるのは,もったいないことに思います。

小学校でもアクティブラーニングの導入は求められているのですが,そうは言っても現実問題,学校の単元の中で取り入れるには限界があるようで,先生方もどうすればよいか四苦八苦されたり,もしくは途方に暮れたり…な様子がうかがえます。
 

だからこそ,いきちかで日常的にPBLに取り組むことに,大きな価値があると思っています。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です