ご利用料金について

今日は,ご利用料金についてのご説明です。

いきちか学童クラブは,非営利団体なのに,利用料が高めかもしれません。

ここについてモヤっとするお気持ちがあるかもしれないので,ご説明いたします。

まず,区営または区が委託している放課後児童クラブ(学童保育)は,運営費のうち約85%が区の負担です。保護者負担は全体の15%程度です。

区の学童利用料の保護者負担が月5,000円の場合,実際にクラブには33,000円強のお金が入っています。このほか,17時以降のお預かりには別途延長料も入ります。

実際にクラブに入る費用はいきちかとそう変わりませんし,そして手前味噌で恐縮ですが,内容はいきちかの方がずっと手厚い自信があります。いきちかのこの値段設定,実は,ものすごくがんばっています。

でも,実際の保護者負担金に大きな違いがあるのは確かです。

そこは,区営や委託クラブは「いいなぁ」と思います。ただ,いきちか学童クラブは,区の事業から独立することで,柔軟に新しいことに取り組めます。

私たちは,区や国の事業でできていないことをするために立ち上がりました。

出発点がそこであるため,区の学童と同じ内容にも,そして同じ値段にもならないことは,どうかご理解いただければ幸いです。

区から独立することで効率よく運営できるはずですので(ペーパーワークや会議の削減等),日々無駄のない運営に努めております。

それでも利用者から見ると区のものより高いのは事実ですので,ご負担を少なくするには,いきちかを週に2回,区の学童を週に3回など,区の学童と併用することもお勧めいたします。

さて,いきちか学童クラブで保護者にご負担いただくのは,主に,入会金と月額使用料です。(あとは,延長代と食事代を使った場合のみお支払いいただきますが,こちらはほとんど実費です。)

月額使用料は,主にスタッフの人件費です。非営利団体であっても,スタッフへのお給料や保険料は発生します。

この他に,家賃,電気・水道・ガス代,通信費,おやつの食材費,子どもの保険代,教材・玩具費,家具工具費,入退室管理システム費,集金代行委託費,衛生費,印刷費,文具費,サーバー費などなどなどが発生しています。
これら一式を,入会金と,月額使用料の残りで賄います。

いきちかは一式制度ですが,そうではなく,細かく一つひとつの項目ごとに金額を提示して徴収する方法もあります。オプションをたくさん増やす方が基本料金が減りますので,一見「お安く」見せることができます。

しかし,私たちは,保護者への分かりやすさにこだわっています。

オプションだらけの場合,結局総額でいくらかかるのかは,保護者が自分で電卓を叩かないと分かりません。忙しい保護者にわざわざ計算させる構造に,私たちは,強い抵抗がありました。

保護者に対しては単純な金額を提示して,あとはその中で,私たちがやりくりをがんばればよいと考えています。

なお,従業員の人件費ですが,こちらは現在時間給となっています。

スタッフには,いきちかだけでなく,家庭・他の仕事・学問・趣味など,様々な分野で日々活躍し,様々な生きる力を磨いてほしいと思っていますし,また,正社員という日本固有の制度に利点を感じていないためです。

時給の金額は,事業が起動に乗れば,適宜見直したいと考えています。

保育士問題と同様に,学童の支援員のお給料の安さも社会問題となっております。(保育士,支援員,介護士など,事業が税金で賄われているものは,専門職であるのに,みんなお給料が不当に低い状態です。)この社会問題に対しては,民間から,業界全体の給料底上げに努めることが重要と思っています。

保護者の負担金も減らしたいですが,一方で従業員の賃金も,少しずつでも増やしてあげたいものです。

どちらもできるように,がんばります。

引き続き,皆様のご理解,ご支援のほど,よろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です