クリスマスローズが咲きました♪

12月に植えたクリスマスローズ。たくさん花が咲き始めました!

色もいろいろ♪

花が重いのか,恥ずかしがり屋なのか,みんな少し下向きです。素敵なお顔,もっと見せてほしいなぁ。

和名は「寒芍薬(カンシャクヤク)」。ああ,たしかに,シャクヤクっぽい,凜とした高貴な雰囲気ありますね。

で,皆さん,この花,クリスマスから1~2ヶ月も遅れての開花なのに,なぜ名前に「クリスマス」がつくのか,気になりますよね?私は気になります!

Wikipediaによりますと,こういうことらしいです。

クリスマスローズ」という呼称は、クリスマスのころに開花するヘレボルス・ニゲル (Helleborus niger) だけを指した呼称であるが、日本の園芸市場では、「レンテンローズ」と呼ばれるヘレボルス・オリエンタリス (Helleborus orientalis、ハルザキクリスマスローズ) なども「クリスマスローズ」の名前で出回る。

引用元:Wikipedia「ヘレボルス」

つまり,もともとはクリスマスのころに咲くものだけをクリスマスローズと言っていたけど,もう少し遅いものも,いろいろクリスマスローズと呼ぶようになった感じですね。

似たものは同じ名前でまとめてほしいけど,でもクリスマスじゃないものまでクリスマスなのはちょっと紛らわしいと言うか…。名前とか分類って難しいですね…。

そして!同じくWikipediaによりますと,この花に見えるところは,「がく」だそうです。

ああ!たしかに!上の写真の,特に黄色いものは,「がく」っぽさを感じます!なるほど~。

あじさいもそうですよね。花に見えるところは,花びらじゃなくて「がく」なのですよね。
みんな,アノ手コノ手で自分を綺麗に魅せて,すごいなぁ!

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です