8月の花たち(いきちか花壇)

8月のいきちか花壇

大田区の新蒲田二丁目児童公園の花壇を,だれでも,いろいろな形で使えるようにしながら,地域に気軽に&自発的に関われる仕組みづくりを行っています。現地に来れない方もインターネットで関われます。ご自身に合う方法でぜひ関わってください。公園も広げていきたいので,ちょっと離れた地区の仲間も大募集中。

さて今回は,2021年8月の花壇の様子のまとめ記事です。

▼ルドベキア

7月も元気に咲いてくれたルドベキア。8月もさらに元気です。元気だね~とただ眺めているうちに,結構ワイルドに育ちました。大田区経由でNPO大田・花とみどりのまちづくりさんによる現地指導の機会をいただいた際,やっぱり伸びすぎだということで,バシバシ切っていただきました。切るという行為が素人にはハードルが高かったのですが,この指導会後はだいぶ切る覚悟ができた気がします。感謝!

▼ダリア

6月に咲いたダリアも引き続き元気です。ただ,ずっと咲きっぱなしではなく,終わって,咲いて,終わって,の繰り返しで,8月には3回目の花が咲きました。ダリアが咲いているときといないときでは,花壇南側の印象が全然違います。公園の常連客(?)さんの中にはダリアを咲くのを楽しみに待ってくださっている方も複数いらっしゃいました。ダリアの人を引きつける力(魅了する力),うらやましひ。

▼ひまわり

福島ひまわり里親プロジェクトのひまわりです。タネはこの花壇に15個ほど植えたのですが,育ったのは,1本のみ。でもその1本,8月上旬に無事に開花しました!なんか,小さいけど…。なんか,花びら足りないけど…。

開花は10日間ほどで短かったですが,花が終わったあと,ひょいっと脇芽から,かわいい花が咲いていました。

この密集花壇では,ひまわりはあまり大きく育ちませんでしたが,同じ種類のタネをメンバーさんが畑にまいたところ2メートルを超えて大きく立派に育ったそうです♪ (この福島ひまわりについても,まとめ記事を書かなければ。がんばれわたし)

▼センニチコウとケイトウ

6月に植えたセンニチコウとケイトウ,引き続き,いい感じに育っています。7月はまだルドベキアとダリアが2大巨頭という感じでしたが,8月は,センニチコウとケイトウも十分存在感が出ました。十分主役です。丸い紫がセンニチコウ(千日紅),ツンツンの蛍光オレンジがケイトウ(鶏頭)です。

▼コリウス

6月下旬に追加したコリウスも,一部の苗は大きく育ちました。葉っぱだけでも十分華やかですが,8月には花も咲きました。

一方,植えた場所が悪く他の植物の影になってしまった苗は小さなままで(写真なし),成長に顕著な差が出ました。日当たり大事ですね。

▼ヒマワリと競って育っていた例のアレ

7月のまとめ記事でもご紹介した,ひまわりと競い合って育っていたマリーゴールドらしき植物。8月も引き続き,ひまわりと並んで成長しました。対等に張り合っています。さすがにマリーゴールドにしては大きすぎ。

↓タネから8月上旬までの成長まとめ。写真6枚あるので横にスワイプしてみてください。

「大田・花とみどりのまちづくり」さんの現地指導の際に尋ねたところ,ニオイをくんくんかいで「マリーゴールドの匂いがしない」とのことで,黄花コスモスではないかとご教示いただきました。最終判断がにおいとは,さすがプロです。すごい!!

あとで黄花コスモスを画像検索したところ,そのタネのパッケージ写真を見て,タネだんごのときにそれがあったような気がしてきました。きっとそれですね。もう,記録も記憶もめちゃくちゃでごめんなさい。。これはマリーゴールドではなく,黄花コスモスです!

▼謎の白柵

8月は,花以外に,白いワイヤー柵も突如現れました。生えてきたのでしょうか?(11月現在,まだ誰が付けてくださったのか分からないままですし,しかも柵は徐々に増えてきています。育っています…笑)

以上,8月の花(+アルファ)でした。新しい花の登場はあまりありませんが,おかげさまで花壇は8月も元気でした。黄花コスモスの件とか柵の件とか,楽しい話題に事欠きません。

この花壇,関われば関わるほど本当に楽しいので,ぜひ皆さまもご自身に合った形で「関わって」ください。チャットのご参加も匿名で大丈夫なので,お気軽にどうぞ~。

関連カテゴリー

7月の花(いきちか花壇)

7月のいきちか花壇

大田区との協働で,新蒲田二丁目児童公園の花壇を管理しています。みんなの花壇です。ぜひ一緒に使ってください。チャットで話し合いながら,水やりをしたり,剪定したり,次に植えるものを計画したりしています。現地で見ていただいたり,写真を撮っていただいただけるのも嬉しいですし,ここブログやSNSで花壇の様子を見守り,時々コメントで絡んでいただけるのも,最高に嬉しいです。

さて,今回は,2021年7月の花壇の様子のまとめ記事です。

▼ルドベキア

6月下旬から咲いた「ルドベキア・リトルスージー」と「ルドベキア・タカオ」は,7月も引き続き,花壇を彩ってくれています。花壇が黄色いっぱい,元気いっぱいです。

▼ダリア

6月上旬に咲いたダリアも,引き続き元気です。花壇の北側はルドベキアが,南側はこのダリアが主役です。

ダリアは特におじさまに人気があるのか,公園で出会うおじさま方は,ダリアに言及する率が高かった印象があります。「あの花,気になって,スマホで調べちゃったよ。ダリアって言うんでしょ」みたいに。(花壇のおかげで公園でいろいろな方とお話ができています。本当に有意義です)

▼シレネ・ユニフローラ

こちらシレネ・ユニフローラは,春の花。暑さに弱いという記事を見ましたが,暑い6月でも,切り戻した所から花が咲きました。とにかく葉っぱが元気で,よほどこの花壇が気に入ったようで,切っても切っても花壇じゅうに広がるのでした。

▼ツユクサ

自分で生えてきたツユクサ。爽やかなブルー。朝しか咲かないそうで,夏の朝顔が連想されます。かわいいので生やしていたところ,気がつくと大繁殖していました。雑草って本当に強いですね…。

▼ケイトウ

6月下旬に植えたケイトウ。植えたときから小さな花が咲いていましたが,無事根付いて,しっかりしてきました。

▼センニチコウ

ケイトウと同じく6月下旬に植えたセンニチコウ(千日紅)。こちらも順調に育ち,植えたときは葉っぱだけでしたが,無事,花が咲きました。

▼サルビア・コクネシア

サルビア・コクネシア(別名ベニバナ・サルビア)も咲きました。かわいい花なのですが,ポジションが悪いのか,花壇ではあまり目立っていません。申し訳ないです…。

▼競い合って育つひまわりと,マリーゴールドらしきもの

花は咲いていませんが,7月は,並んで成長するこちらの2本の植物も注目でした。

ひとつは,ひまわり。福島ひまわり里親プロジェクトのひまわりです。

それともうひとつが,春の「種だんご」から生えた希少な生き残り。葉っぱの形からマリーゴールドと思って見守ってきたのですが,ちょっと,大きい・・・。この頃から「本当にマリーゴールド??」と疑問が出始めました。(正体が分かるのは,まだ先…)

以上,7月の花でした。ルドベキアとダリアが圧倒的な存在感で,それ以外にも新しい花が増えてきました。6月より華やかになりました。ひまわりとマリーゴールド(?)の成長を見守るのも楽しかったです。

関連カテゴリー

ひまわりの種まきとその後

「福島ひまわり里親プロジェクト」に参加されている方から,いきちか花壇に種を植えたいとご連絡をいただいていました。詳細は下記記事をご覧ください。

青い種

予定どおり,5月29日に,種をまきました。

冒頭の写真がそのときの種なのですが,まさかの青!かっこいいメタリックブルー!何かフィルムコーティングされていますね。

抗菌剤か何かかと思いますが,これ,どこでコーティングしているのでしょうね?福祉事務所では扱わなさそうなので,専用業者でしょうか。となるとこの種も,業者ルートといいますか,市販の種なのでしょうか?(どこで採れた種でも構わないのですが,関わるならもう少しプロジェクトの流れとか全体像を知りたいお年頃…)

福祉作業所で種を袋詰めしている動画を確認したところ,動画開始05:15では普通の種が用意されていて,05:21の袋に入れる瞬間はハッキリしないですが普通の茶色い種のように見え,05:50では袋の中がコーティング済みの青い種になっていました…。

6月18日追記:
福島ひまわり里親プロジェクト事務局の方からご丁寧なご説明をいただきました。
青い種(抗菌剤と発芽促進剤のコーティング)は,種苗メーカーから購入したもので,福島県外の「里親」用。普通の種は,里親が育てて返却したもので,福島県内の人用。この2種類の種がYouTubeでまざって映っていた感じのようです。

密密

さて!今回ご用意したひまわりスペースが,こちら(下の写真)。

狭くてすみません。密集花壇なもので・・・。モモイロタンポポとリナリアを1株切って,スペースを作りました。

ひまわりの種を複数まくときは,20~30センチは間隔あった方がいいと色々な説明書に書かれています。なので,このスペースだとせいぜい2箇所ほどでしょうか。

ところが・・・。どん!

主さんのご希望により,結果,このように密密に植えました!せいぜい2箇所ほどかと思われた空間に,なんと10箇所!

やっぱりここは密集花壇となる宿命のようです・・・。(笑)
特徴あっていいですよね!(ポジティブ)

一般的には,1つの穴に2~3個の種を入れて,そこから出た芽の中で一番元気なものを1つ残して,あとは抜く(間引く),という方法がとられます。

しかし今回は,主さんの普段のやり方どおり,1つの穴に1個の種方式にしました。

さすがにそれぞれから発芽すると密すぎると思うので,発芽の様子を見ながら,また間引いていくと思います。

発芽

5月末に種を植えて,その後・・・。下の写真は6月9日。11日後の様子です。

この前日の8日,青い囲みの芽を「ひまわりだ~!」とLINEオープンチャットで投稿してしまいましたが,翌9日に赤い囲みの芽が出て,こっちがひまわりかも・・・と訂正しました・・・。

まだまだ素人。見分けが付きません!

引き続き,ひまわり,およびこの周辺全体の芽の成長を見守ってまいります。(青囲みの芽,なんでしょうね)

公園にお越しの皆様も,どうぞ温かくお見守りください。(u人u*)

オープンチャット

先ほど文中に出ましたLINEオープンチャットとは,いきちか花壇プロジェクト用のチャットです。ここで,花壇の様子の報告,相談,その他諸々を,ゆるゆると話しています。

お友達登録不要です。匿名参加もOKです。まずは様子見(見るだけ参加)でもOKです。

お気軽にご参加ください。

福島ひまわり里親プロジェクトの種まき

5月29日(土)の11:00から,いきちか花壇で,ひまわりの種をまきます!雨天時は30日(日)に延期します。

よろしければ,ふらっとご参加・見学にお越しください。

「福島ひまわり里親プロジェクト」(ふくひま)の種です。

この種から花を育てて,種を採取して,その種を福島に戻すプロジェクトです。最終的には福島県内の福祉作業所のお仕事として種からオイルを搾油し,そしてそれが県内を走るバスの燃料になるそうです。

(調べてみるといくつか似たプロジェクトがあり,食用油になるプロジェクトもあるようですが,今回いきちか花壇に植えるのは,バス燃料になるプロジェクトのようです)

ふくひまについて

復興のシンボルひまわりを、福島の大地に咲かせる取り組みをする活動です。
全国の50万人の里親さんが育ててくださった“ひまわり”を福島県で復興のシンボルとして咲かせることによって、雇用・教育・観光に繋げ、また、日本全国と福島の『絆』を深めるプロジェクトです。
ひまわりの種を購入していただき、その種を日本全国の購入していただいた里親さんへ送られ、ひまわりを育てていただき、さらに種を福島へお送りいただき、福島の学校・企業とあらゆる場所で、大輪の花を咲かせてくれます。
その活動は、今では日本全国に広がり、たくさんの交流へとつながっています。

https://www.sunflower-fukushima.com/projectdescription/

こちらのプロジェクトに毎年参加されている方から,「今年は自宅のベランダが使えないので,代わりに使える花壇を探してたどり着いた。いきちか花壇を貸してほしい」という旨のご連絡をいただきました。

ご連絡,とても嬉しかったです。
いきちか花壇は「みんなの花壇」です。どうぞお使いください!
(o*・ω<)o

といういきさつで,ひまわりを植えることになりました。種採取が目的です。

今,ギチギチに春の花が茂っていて,十分な空きスペースがないのが悩みどころですが,週末までには2株分ぐらいはスペースを作りたいです。

いきちか花壇プロジェクトの参加者からも,自宅で植えられるよと申し出てくださった方がいらして,お願いしました。なので現在,いきちか花壇を含めて3箇所で,ひまわりの里親を行う予定です。

花壇の分の種も,植えきれずに余る可能性もありますので,代わりに自宅で育てて種取れるよ~という方がいらっしゃれば,当日ふらっと現地にお越しください。あるいはメールやチャット等でご連絡ください。

そして,これからのひまわりの成長も,温かく見守っていただけますと幸いです。成長過程の写真も撮っていただけますと最高に嬉しいです。

花壇写真募集

関連記事

ご支援のお願い