水着,洗えます

夏休みは,学校の水泳教室が午前中にあります。

水泳のための途中退入室(中抜け),もちろんOKです。

さて,子どもが持ち帰った水泳バッグの中には,濡れた水着とバスタオル。
これが,このまま夜まで・・・。

そして,水着は,明日も使います。
なので,保護者が帰宅後の夜に,急いで洗って乾かす訳ですが・・・

ご希望であれば,いきちかで,洗って干しておくことも可能ですよ。(^^)

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

子どもが仕掛けるイタズラ(クモ)

学校の水泳教室のために中抜けする子が,「カバンのところ,見てみてね!」と言って笑顔で出ていきました。

ロッカーを見てみると・・・

クモの,おもちゃが・・・。

最近,このクモのおもちゃを不意に出没させるイタズラが,流行っています。

スタッフは特別な虫嫌いという訳ではありませんが,やはり不意に出没するとドキッとします。(^^;

イタズラは,他人や状況への関心の表れであり,計画性のある知的活動なので,実害がない限り歓迎します。

叱るでもなく無視でもなく,「もー!これドキッとする!嫌だわー!(>_<;)」のように,“確かな反応を返して”おけば,子どもは喜んで,次々と仕掛けてきます。^^ 
(これがもう,しつこいぐらいに・・・)

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

ロボティックトイでの能動的な学び

夏休みに入りました。
朝から賑やかです。^^

冒頭の写真は,ロボットをプログラミングで操作して遊んでいるところです。

いきちかでは,このロボットと操作端末(スマホ)は,自由に使ってOKです。

「ロボットはプログラムしたとおりにしか動かない」ことと,「スタートからゴールまでの動きを作るには,動きの1個1個を作ってつなげていく」ことの2点を最初に教える程度で,あとは,子ども自身で試行錯誤してやっています。

わかりやすいブロック形のプログラミングなので,操作はすぐに習得しています。

もし,期待する位置でロボットが止まってくれないときは,移動スピードか,移動時間を調整します。

ある子は時間を調整しようとしたのですが,しかし2秒の設定では短く,3秒では行き過ぎてしまい,困っていました。

ここで,2と3の間の,2.x(2てんいくつ)の考えの登場です。
教えてみたところ,こちらの子(1年生)は小数点の概念を初めて知るようでした。
まだ完全には理解はできていない様子でしたが,「2.4」秒でロボットがいい位置で止まったので,2と3の間にまだ数値があることは,実際に体感できたことと思います。

こちら↓の写真は,ロボットに喋らせる言葉を入力しているところです。音声入力ができない端末なので,フリック入力に初挑戦しています。

ちなみに,日本語の五十音というのは,アルファベットのような一列配置ではなく,「行と列」から成っています。そのため,日本語の文字入力は,実はかなりワーキングメモリを要します。

ワーキングメモリは記憶の一種であり,知能(知的能力)の一部でもあります。

日本語をフリック入力する場合,まず入力したいフレーズ(例「しました」)を覚えておいて,その中で今から入力する文字は「し」であることを認識して,それも覚えつつ,その「し」は「サ行」であることを別の記憶の引き出しから引き出して,そして「さ」のボタンを見つけてタップし,目的の「し」を見つけてその方向にフリックする訳です。

入力したいフレーズ全体(例「しました」)を覚えたまま,この作業を1文字分ずつ繰り返します。

大人は軽々行えるこの作業も,1年生には結構負荷が大きな作業です。(ちなみにフリック入力に未だに慣れない筆者も苦労しています…)
それでも子どもは,自分がやりたい遊びなので,楽しく挑戦しています。
ロボットを喋らせたいという意欲が,自然と,ワーキングメモリのトレーニングにもつながっている感じです。

いきちかは,プログラミングスクールではありません。いきちかでのプログラミングは,遊びです。

遊びだからこそ,主体的で能動的な学び(アクティブラーニング)が行われていると感じています。^^

引き続き,楽しみながらコンピュータサイエンスな思考法を身につけていくことも,期待しています。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

虫除け!

パッパパーン♪

効果音とともに取り出したるは,いきちかの,外遊びの必需品。

話題の成分「イカリジン」をたっぷり15%も配合した,最強の虫除けスプレーです。

一般的な虫除け成分のディートと違って,子どもにも安心して使えますし,ハーブ類と違って,確かな効果があります。(お値段はディート虫除けの何倍もします…。)

わんさか集まってきた蚊も,これを付けると,いなくなりました。

虫刺されをゼロにするお約束はできませんが,いきちかは,真剣に,子どもを蚊から守ります!

蚊に負けず,元気に遊びましょう!!

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

テレビ撮影

先日,テレビ会社から撮影のお申し出がありました。ただし結論として,双方の都合で撮影は見送りとなりました。

メディアが学童保育を話題にしてくれるのは,とてもうれしいことに思います。

おかげさまで,学童保育の待機児童問題や詰め込み問題も,少しずつ認知されつつあります。

その中で,働く親が新しく学童保育をオープンさせたというのも,ほどよいテーマになるようです。

ただ,当事者としましては,オープンはゴールなどではなく,当然スタートであり,この先にこそ,大きなドラマが始まると思っています。

「オープンまでで一番大変だったことは何ですか?」という質問にも,うまく回答できませんでした。

もちろん苦労も色々ありましたが,それらの苦労よりも,これからの方が,もっと大変だろうと思っています。

現場の1日1日を安全で充実したものにすること。

この学童を安定して継続運営すること。

これらは,本当に,大変なことと思っています。

そして,継続運営のためには,何より児童のお申込みが必要です。^^;

見学・体験は随時受け付けておりますので,どうぞお気軽にご連絡ください。(こちらのフォームよりご連絡ください

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

夕飯の例

本日は,いきちかの食事例として,ある日の食事を公開します。

食器や敷物などは,まだまだ仮の姿です。どういう食器類が扱いやすいか,検討中です。

献立は日替わりで,基本的に夕飯は,白ご飯,スープ,メインのおかず,そして小鉢が数点,です。家庭料理です。

基本的に「おかわり」もあります。

元々よく食べると伺っていた子は,全品おかわりしています。

ご家庭では普段は小食と伺っていた子も,意外とぺろりと完食し,おかわりしたりしています。

おいしさのみならず,場の雰囲気とか,みんなで食べることによる適度な高揚感も起因しているかもしれません。
ご家庭で食の細さや食事中の態度などでお困りの場合は,一度いきちかで,「みんなで食べる効果」を試してみてはいかがでしょうか。

配膳の手伝いも,自主的に行ってくれています。(このまま継続しますように…)

ちなみにこのメニューの日,お皿が小さめで浅かったせいでもあるのですが,子どもにおかずを運んでいる時に,1つ,滑って床に落ちてしまいました。おかずの数には余裕があったので問題ありませんが,子どもにとっては,おかずが宙を舞う様は,なかなか衝撃的なシーンだったようです。

そのような失敗も含めて,たくさんの「生きた体験」を積んでいただければと願います。^^

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

甘くないおやつ

今日のおやつは,ちょっと珍しいタイプ。

きゅうり棒(浅漬け)と,牛乳ココアプリン

実は,子どもの中に,「甘くなければおやつじゃない!」と言い張る子がいまして。おにぎりなどはおやつと認めないそうです。

いきちかを安心できる居場所と感じてもらうためにも,今まで意識しておやつに「甘い物」を出し続けてきましたが,そろそろ,実験です。
甘くないどころか,見た目も「そのまんま野菜」なきゅうり棒に,どのような反応をするでしょうか!?

結果は・・・・!
暑い中,顔を真っ赤にしながら歩いてきたこともあってか,「おいしい」と食べてくれました!!
( `・ㅂ・)و イエス!

親戚の家できゅうりが採れること,それがおいしいという話もしてくれました。そしてそこから,いきちかで野菜を育てたいという話にも発展しました。
いいですね!育てたいですね!

さて,もう1品は,牛乳たっぷりのココアプリン。

別の子どもで,飲み物としての牛乳を嫌がっている子がいるのですが,このプリンのようにスイーツにすると,食べてくれます。今日もおいしいと言って,ペロリと完食。^^

食べてくれてありがとう。

食器の片付けも,もう促さなくても自分たちでしてくれます。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

手作り花のプレゼント

先日,新しい仲間へのプレゼントとして,紙皿で花を作りました。

任意参加のプロジェクトで,そして途中脱落もあり,完成したお花は2輪だけになりましたが,かわいく仕上がりました。

折り紙で折る花より簡単かもしれません。

またの機会,子どもたちから作ろうと言い出してくれるといいな。

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

大量レゴブロック

いきちか学童クラブには,レゴブロックがたくさんあります。

早速,子どもたちがレゴブロックにハマっています。

まだ物珍しさもあると思いますが,今のところこの大量ブロック目当てに,「早くいきちかに行きたい」と思ってくれているようです。^^

子どもたちにとって,いきちかが楽しい所と感じていただけているなら,本当に嬉しいです。

こちら↓は,立派な家の間取りができました。

庭,玄関,階段,キッチン(魚グリルとミキサーも!),書斎などがあり,このままドールハウスとして遊べます!

こちら↓も,何かはよく分かりませんが,子ども同士,ものすごい笑い声を上げながら楽しんでいました。

低学年から高学年まで,みんなで楽しめるレゴブロックです。

━━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━━

わらび餅!?

これは,ある日のおやつと,そのときの会話です。

いきちか「今日のおやつは,さて,これ何でしょうか?」

子ども「きな粉餅!」

いきちか「確かに!!それも正解! 他には? これの呼び名知っている人~?」

子ども「なんだっけ…,わ,わ,わ…わらび餅?」

いきちか「ありがとう!実はその回答を待ってました!」「わらびって知ってる? 知らない? わらびって,こんな姿です」(写真見せる)

子ども「へー,葉っぱじゃん」

いきちか「この芽の状態でも食べられます。春の食べ物で,よく天ぷらにされます。」「で,わらび餅は,これの根っこです。根っこから“デンプン”を取って,そのデンプンの粉から作っています」

子ども「デンプンって何?」

いきちか「確かに・・・・。デンプンって・・・・・何だろうね。今度一緒に調べよう・・・。」「それで,わらびのデンプンは,この根っこから,実はほんの少ししか取れないらしいです。少ししかないので貴重品で,お値段も,結構お高いです」「なので,今日のわらび餅は,実は,わらびのデンプンではなく,サツマイモのデンプンとクズのデンプンからできています!」

子ども「えー!!!」

いきちか「いい反応!! 今日のおやつは,わらびを使っていないので,正確に言えば,『わらび餅,もどき』でしょうか。そして確かに,『きな粉餅』も,大正解でした!」

そんなことを話しながらの,おやつタイムでした。子どもたちの反応もとても素直でした。(普段は予想の斜め上を行くことも多いのですが)

いきちかでは,子どもの興味関心のきかっけとなることを期待して,頻繁に,プチ雑学が飛び交います。一方的な教授ばかりにならないようにも気をつけつつ。

さてさて,お次は「デンプン」ですね。デンプンって難しそう・・・。どうやって調べてもらうか,作戦を立てます。^^

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━