保育施設の遊具の安全性について

10月14日,保育園の遊具で2歳児の首が挟まった事故がありました。18日現在,まだ意識不明の重体ということで,早い回復を心からお祈りします。

この事故に関して,たくさんの保育関係者が,それぞれ思うところをコメント欄やSNSなどで発信されています。その中で少し思うところがありましたので,今回ブログに気持ちをまとめています。

配置基準の話にすり替えないで

このニュースに関する発言で違和感があったのが,職員配置基準に結びつけたコメントでした。

1~2歳児と職員の人数比は,国が定める基準では6:1です。事故のあった園では2歳児17人:保育士3人であったそうなので,配置基準内です。これに対して,「ちゃんと基準内だし,園を責めないで」「基準内でも子どもを見るのは大変だよね」「そもそもこの基準も少ないよね?」「配置基準を増やすべき!」という意見や議論が,一部でかもしれませんが,ありました。

配置基準について現場の方がいろいろ思うところがあるのは分かります。それはそれでよいのですが,この遊具の事故を,ご自身の関心事である配置基準の問題にすり替えることには,違和感がありました。

これは遊具での事故です。職員数について論じる前に,今は,遊具の安全性について論じませんか。

生命の保持が何よりも大切

この事故は,園庭の遊具の隙間に2歳児の首が挟まったというものです。今回は首という深刻な部位が挟まってしまいましたが,首以外にも,足や肩など体の一部が挟まる危険性は十分に感じられる遊具に見えました。

そしてこの遊具には,大人の目が届かない「死角」ができていたことも,重大な問題です。

挟まる危険性があり,さらにそれを見逃してしまう死角まである遊具であること。そして,そのような遊具が,どこかのアスレチック場などでなく,安全であるべき認可保育園にあり,実際にその遊具で日常的に低年齢児を遊ばせていたこと。これは十分に問題なことのはずです。

今までこの園で,これらの問題について話し合われたことはなかったのでしょうか。子どもを預かる専門家集団の間で,それらの危険性に気づかないなど到底ありえないと思っていましたが,ただ,この悲しい事故が起き,それでもまだ,保育現場で働く方々が,この遊具の危険性でなく職員配置について物申す姿を見ると,もしや本当にこの遊具の危険性について話題にならなかった可能性もあるのでは…と,思えてくる次第です。

保育にはさまざまな目標がありますが,間違いなく何よりも優先される目標は,生命の保持です。生命を保持するための安全の確保が,何よりも最優先されるものです。

建物や遊具が安全なものであること,衛生管理がなされて安全であること,防犯や防災の対策が行われて安全であること。これらは何よりも優先されることのはずです。たとえば,豊かな感性,自然への愛情や畏敬の念,数や文字への関心などを育むための取り組みも大切ですが,当然,それらはすべて,「安全の確保」が基底にあってこそ成り立つものです。

保育関係者は,保育の専門家として,安全に対して敏感でなければならないと思っています。

だからこそ,ぱっと見でも挟まる危険性と死角の存在が分かるこの遊具が,認可保育園で日常的に使われていたというのは,とてもショックな出来事です。そして,一部の保育関係者がこの遊具に対してショックを受けていないように見えることも,重ねてショックでした。繰り返しますが,この事故の重大な問題は,決して職員数ではないはずです。この遊具の危険性を理解できないことが問題です。

どうか今一度,環境の点検を

保育所も,学童保育施設も,この悲しい事故をひとつのきっかけに,今一度,保育環境の点検をお願いできればと思います。保育の専門家として,プロとして,安全な環境構成を最優先に取り組んでいただきたくお願いいたします。

一部の方からは「複合遊具がなくなるのは残念」「なくなるのは困る」という声もあがるかもしれません。しかし,体が挟まる危険があり,しかも死角のあるような遊具は,保育園にふさわしいものではないはずです。一部の方の個人的体験や感情,あるいは惰性等に流されず,どうか専門的見地に基づいて,あるべき保育環境を追求いただきたいと願います。

さらに言えば,本来,保育の環境は,子どもに応じて常に見直し続け,構成し続けるべきものです。ですが大型の複合遊具は,柔軟な変更がほとんどききません。大型の既成遊具に頼るのは「環境構成のサボり」につながりやすいと感じています。保育の神髄は保育環境の構成にあるとも言えますので,そこをサボるということは,どうしても保育の全体的な質の低下につながります。

どうか職場全体で,安全かつ子どもにとって有意義な遊びの環境/保育環境とはどのようなものかを,ディスカッションいただければと思います。

このような環境構成は,もちろん施設管理者の責任で行うものです。ですが,お勤めの職員の方々も,どうか子どもたちの安全のため,ご協力をお願いします。

もし,安全面で不安な点があるにも関わらず施設責任者が対応してくれないなどのケースがありましたら,一度私どもにもご連絡いただければと思います。私どもでできることを考えさせていただきます。「諦めて,見て見ぬふり」は,ご自身にとっても,子どもたちやご家庭にとっても,みんなにとって不幸なことです。それだけはしないでいただきたいと,そして保育業界がそのような世界にならないよう,心から願うばかりです。

いきちか花壇プロジェクトってなに?

このブログ記事きじは,10がつにくばったチラシのうらめんおな内容ないようです。チラシとおなじように,漢字かんじによみがなをつけています。
音声おんせい機能きのう使つかうと,漢字かんじも,よみがなも,両方りょうほうおなおとげられます。どうしようもないので,おゆるしください。
新蒲田二丁目児童公園の地図

地域ちいきでのつながりが大切たいせつとはうけれど、「どうすればよいのか わからない…」「いそがしくて参加さんかできない…」「人間関係にんげんかんけい大変たいへんそうでこわい…」「会費かいひいたい…」となりがちな昨今さっこん

「いきちか花壇かだんプロジェクト」は、いつでもだれでも使つかえる公園こうえん花壇かだんと、気軽きがる便利べんりなインターネットをわせて、地域ちいきでゆるやかな、あたらしいつながりがまれることを目指めざしたプロジェクトです。

右上みぎうえのQRコードから公式こうしきウェブサイトにきてください。そして、自分じぶんにあった方法ほうほう・ペースで、ゆるりとつながり、プロジェクトにかかわってみてください。

チャットでトークをたのしむもよし、仲間なかま相談そうだんしながら園芸えんげい作業さぎょうにトライするもよし、仕事しごと学校がっこうきたくないときやけないときに花壇かだんですごすもよし、まずはチャットやSNSを見守みまもるもよし。はたらざか世代せだいひとも、学生がくせいさんも、おちしています。TwitterついったーなどのSNSえすえぬえすもやっています。ぜひコメントください♪

2021年度ねんど大田区おおたくのスタートアップ助成じょせいけてはじまったばかりのプロジェクトです。一緒いっしょにプロジェクトをそだててください!

いきちかクラブ(元いきちか学童クラブ)は、「生きやすい社会の形成」をミッションに、子どもも、大人も、みんなが今より少しでもラクに楽しく生きられる社会を目指して活動している非営利団体です。「生きる力」のいきちかです。

いきちかクラブは大田区のふれあいパーク活動団体です。
いきちか学童クラブ運営会は、大田区区民活動情報サイト(オーちゃんネット)の登録団体です。
いきちか花壇プロジェクトは、大田区の令和3年度大田区地域力応援基金助成事業(スタートアップ助成)で実施します。

いきちかクラブ

(チラシのおもて面では,花の里親を募集しています

いきちか花壇プロジェクトって,誰が何のためにやっているの?

こんにちは。いきちかクラブ代表の向井です。

小学生と未就学児の母です。おばちゃんです。大田区民です。

下の写真は,先週日曜の姿です。だいたい年中,こういう格好です。いつも同じ格好なので,子どもたちに,遠くからも,後ろ姿でも,気づいてもらえます。

いきちかクラブでは現在,「花壇をきっかけに,ゆるく地域とつながっておこうよ」という主旨の取り組みをしています。「いきちか花壇プロジェクト」という,ひねりのない名称でやっています。

2020年4月に学童保育を閉めてしまったあと,公園花壇だけが残りました。

夢半ばどころかスタートラインに立った時点で学童保育を閉めることになりましたが,どうにか気持ちを前に向かせて,学童保育を通じて実現したかったことの一部でもいいので,この花壇を通じて目指そうと,2020年秋に,この「いきちか花壇プロジェクト」を始めました。

ただ,お金はありません。すっからかんどころか,学童を閉めた時点で大きなマイナスです。学童保育のときの運営メンバーも,それぞれの生活事情に応じて散り散りになりました。そして世間はコロナ禍の混乱真っ只中でストレスの多い時期でした。

このような状況でおばちゃんができることなど極めて小さく,このプロジェクトは,小さく小さく,自分たちで無理なくできる範囲で,手探りで進めてきました。

少しずつ,本当に少しずつ,小さな発信から小さなご縁が生まれ,小さなアクションが小さな結果を出し,その繰り返しで,1年間やってきました。

このたび,大田区地域力応援基金の助成を受けて,プロジェクトのチラシを作成することができ,そして,さまざまな施設に置いていただけることになりました。最寄りの矢東小と道塚小では,生徒の全家庭に配布いただけることになりました。本当にありがとうございます。

「花の里親」を通じて,公園とのつながりや,できれば新しい人同士のつながりも生まれるといいなと思っています。そして,このプロジェクトのことも知っていただき,何らかの形でプロジェクトに関わる人が増えていただければと思っています。花の里親募集については,次の画像リンクから,詳細ページをご覧ください。

まだチラシを配りはじめたところですが,少しずつ,「花の里親」の希望者が集まってくださっています。人でなく,施設からもご相談いただいています。

1年経って,いきちか花壇プロジェクトは,赤ん坊から,自分で歩ける幼児ぐらいには育ったかもしれません。

しかし,まだまだ整っていないものが本当にたくさんあります。課題も山盛りです。

チラシを見てLINEオープンチャットに入ってくださった人は,思っていたよりも「整っていない」状態に驚かれた人もいらっしゃると思います。

申し訳ないですが,ここはこういう状態のプロジェクトです。格好つけずに,等身大で,普通のおばちゃんが手探りで奮闘する様子をご覧いただきたいと思っています。

社会に感じている生きづらさや課題に対して,諦めずに「自分ができること」を探して,時々弱気になったり無力感に潰されそうになったりしながらも,じれったいほど少しずつでも何かを生み出し,何かを変えていこうとする,そういう生き様を,苦笑いしながらでも受容いただければ幸いです。これが今のいきちかクラブの「生きる力」への取り組みです。

そしてぜひ,皆さまも「いきちか花壇プロジェクト」に関わってみてください。

関わり方は人ぞれぞれ。花壇プロジェクトページに関わり方の一例を載せていますので,無理なくできるものから,ゆるゆると,お願いいたします。

いきちかクラブ 向井愛

「花の里親」を募集します!LINEチャットからお申し込みください

新蒲田二丁目児童公園の花壇に植える花の苗を,ご自宅等で育てていただける方を募集しています。

花の種を直接花壇にまくと,雨で種が流れたり,小さな芽が虫に食べられたりして,うまく育たないことがあります。

種と土ポットをお渡ししますので,丈夫な苗になるまで,ご自宅で育てていただけないでしょうか。約1ヶ月経ち,植え時になれば,元気ないくつかを公園花壇に植えてください。(たくさん育った場合は,残りは差し上げます♪)

要項

【条件】

栽培期間中,オープンチャットで連絡を取り合える方
(年齢制限は特にありません)

【参加費】 

無料

【ご用意いただくもの】 

土ポットを置いておくためのトレイ
(お弁当の空き容器や食品トレイで大丈夫です)

【お渡し場所】

新蒲田二丁目児童公園
(新蒲田2-14-19/ファミリーマート大田新蒲田二丁目店の隣)

【お渡し日時】

候補日時をオープンチャット内で提示します

【お渡しできる種】

オープンチャット内で提示します
(例:モモイロタンポポ/クリスマスローズ/オンファロデス・リニフォリア/レッドキャンピオン/シレネ・ユニフローラ/キンセンカ 等)

申込み方法

LINEオープンチャット「いきちか花壇プロジェクト」にお入りください。チャット内で,①お名前,②受け取り希望日時,③希望の種をご連絡ください。

流れ

1.LINEオープンチャット「いきちか花壇プロジェクト」に入り,受け渡し日時候補と,種の種類をご確認ください。「ノート」で提示する予定です。チャットで,①お名前,②受け取り希望日時,③希望の種をご連絡ください。任意で,参加動機や一言メッセージもあるとうれしいです。

2.相談し合った日時に,新蒲田二丁目児童公園で,花の種1袋と,種まき用の土ポット8個と,お名前ラベルをお渡しします。

お渡しする土のイメージ(500円玉サイズです)

3.土ポットをトレイに乗せて,トレイに水を注ぎ,しっかりと吸水させてください。15~20分ほどで,土がふわふわにふくらみます。

4.土を軽くほぐして,1個の土ポットに,種を数粒入れます。深く入れすぎないようご注意ください。

吸水と種まきの例  byサカタのタネ

5.種まき直後は直射日光を避け,風の当たらない場所においてください。その後は,土の乾燥と加湿に注意しつつ,少しずつ日に当てるようにすると,育ちやすいそうです。

6.1つの土ポットから複数発芽した場合は,元気な苗を1本残して,他は切ってください(「間引き」といいます)。

7.成長の様子をときどきLINEオープンチャットで教えていただけるとうれしいです。ご質問などもお気軽にチャットからご連絡ください。

8.苗が大きく育ち,土ポットの周囲から根がでるようになったら,植え付けの時期です。LINEオープンチャットでご連絡ください。いくつ花壇に植えていただくか,状況をみながらご相談させてください。

9.花壇に植え付けの際は,よろしければ,お渡しした名前ラベルもご利用ください。(花の名前や,任意でご自身のお名前なども)

10.公園で,植えた花の成長を見守ってください♪

Photo by サカタのタネ
Photo by サカタのタネ

ポイント

  • 栽培に不慣れな方も大歓迎!失敗上等!気軽に挑戦ください。
  • 土ポットはわずか直径3センチ。8個並べても,文庫本程度のスペースで済みます。
  • なんらかのトレイ(受け皿)さえあれば大丈夫です。
  • コロナの自粛生活中でも,安全に,新しい挑戦ができます♪
  • 費用は令和3年度大田区地域力応援基金から助成いただいています(スタートアップ助成)。

関連記事

花植えと花壇のお手入れをしましたよ

新蒲田二丁目児童公園の花壇をきっかけとして,地域のゆるやかな新しいつながりを作ろうというプロジェクトをしています。SNS感覚で気軽につながり,インターネットで報告・連絡・相談し合いながら,みんなで花壇を使っています。詳しくはいきちか花壇プロジェクトの公式ページを見てください♪

「できる人が できる時に できることを」がポリシーなので,普段は個人活動が中心です。ですが昨日10月3日(日)は,参加できる人で集まって,新しい花の追加と,花壇のお手入れを行いました!

区の助成金担当の方も,事業の確認として,見学にお越しくださいました。見学と言いながら,ガッツリ一緒にお手入れに参加くださいましたよ!ありがとうございます!^o^

活動報告

日時:10月3日(日)10:00~11:00
場所:新蒲田二丁目児童公園の花壇
参加者:15名(大人9+子ども6)
活動内容:
・強風で倒れた草花の固定
・傷んだ草花のカット
・虫取り
・花の移動
・里親さんが育ててくださった花の追加(ジニア)
・栄養剤,ナメトールの散布
・種まき(オルレア)

里親さんの花

この日新しく植えた花は,ジニア(ヒャクニチソウ=百日草)。

花の里親」さんが,花壇に植えるためにご自宅で種から育ててくださったものです。

まもなく,当プロジェクトで花の里親さんの本格募集を始めますが,夏に試験的にプレ募集していました。夏という不利な時期だったせいか,5割ほどが発芽せず,4割ほどが発芽しても子葉のままダメになり,そして1割だけが無事発根して苗になった感じでした。育てるのって意外と難しいのですね・・・・!

その中,こちらの里親さんは,「苗」を通りこして,立派に開花するまで育ててくださいました。すごすぎます。本当にありがとうございます。(ToT)

里親さんが育ててくださった花を,子どもたちと一緒に植えました!花壇に根付きますように。

皆さまもどうぞ,新しく加わったこのジニアをお見守りください。

虫とり

子どもたちは,虫とりも熱中していました。人気は専らダンゴムシとシジミチョウ。ヨトウムシのような花をダメにしてしまうイモムシこそどんどん捕ってほしいのですが,イモムシは「うげー!」「いやー!」と拒絶されました。

昨日は,大量のシジミチョウのほかにも,アオスジアゲハ,キアゲハ,モンキチョウなど,たくさんの蝶が飛んでいました♪

固定具

強風で倒れた草花の固定には,麻ひも,タイラップ(結束バンド)に加えて,今回「支柱クリップ」も初使用しました。クリップは特に幼児との相性がよく,クリップのおかげで幼児も十分,花壇のお手入れの戦力となりました!

おにごっこ

子どもの参加が多かったので,花壇のお手入れ終了後,希望者で公園内でおにごっこもしました。

ドロケイ,イロオニなど。

ドロケイは,エチオピアの「レバナ・ポリス」という遊び(ドロケイとほとんど同じ)に準じて,「3回タッチで逮捕」,「脱獄時は『自由だ!』と叫ぶ」というルールを取り入れました。いつものドロケイも,ちょっとルールを変えるだけで,新鮮な気持ちで盛り上がります♪

楽しかったですが,予定外に暑く,バテました…。日焼けしました…。もう10月ですが,まだまだ夏日ですね。