インクルーシブな遊び場の作り方

先日,「インクルーシブな遊び場」というフレーズに出会いました。

どうやら主には公園設計の話で,誰でも使える公園にしようというものでした。ユニバーサルデザインです。「誰でも」に関する説明はほとんどないのですが,多くの場合は「障害の有無にかかわらず」という意味で使っているように思います。

公園という開けたパブリックな場所も,ユニバーサルデザインを意識して作らないと,generalな人しか使えないものになりがちということなのですね。

もちろん,このような配慮は大切です。

しかし,どれほど考えに考えて,想定して,準備しても,立地や資金などに制約があるかぎり,完全にインクルーシブな設計というのはありえません。
必ず,大なり小なりの取りこぼしができてしまうものです。

そもそも設計段階で,あらゆる状態の人を想定できている保証もありません。この世の人々のあらゆる文化,あらゆる特性,あらゆる背景・・・想定できるはずありません。

多くの方はそれらの限界を分かったうえで,「よりインクルーシブな」状態を目指しているものだと思います。

そう思いますが,言葉上でも「インクルーシブな遊び場」と言い切られてしまうと,そこで取りこぼされている人たちのことをどう思っているのか,少し気になってしいます・・・。

あらゆる人を想定して準備することは不可能なので,むしろ,最初に準備しすぎないことこそ大切かもしれません。

私は「インクルーシブな遊び場」は,今ここにいる人たちに合わせて,カスタムメイドで作っていけばよいと思っています。

今ここにいる人たち,ここの一人ひとり全員が遊べるように場を調整すれば,それは間違いなく「インクルーシブな遊び場」になっているはずです。

公園は不特定多数の人が利用する場で,そして規模も大きいため,一人ひとりに合わせてカスタマイズするのは無理難題と思いますが,一方で学童保育のような,契約した特定の人のみ利用する場は,「今ここにいる人たち」がハッキリしています。空間の規模も小さめです。保育所や学校も同じですね。

こういったところでは,「今ここにいる人たち」の状態を理解して,その人たちに合うように柔軟に環境を調整していくことが,本当のインクルーシブだと思っています。

そして,人は,体調や状況など本当に日々変化します。その変化に応じて,環境も変化させ続ける必要があります。

一言でいえば,「フレキシブル」。それが,インクルーシブに必要な条件だと思っています。

私たちの学童クラブ(いきちか学童クラブ)は,今は休止しておりますが,上記のように,一人ひとりの状態を見極めること,その状態に適した環境や遊びを提供することを大切にしていました。

インクルーシブな遊び場というは,そういうところだと思っています。

そしてそのような場を作り続けることは,もちろん大変な作業です。

一人ひとりの資質と研鑚,チーム内の細やかな情報共有やカンファレンス,外部専門家との連携など,必要なものはたくさんあると思いますが,それらの小さな積み重ねを経て,本当のインクルーシブな社会が実現する日を,心から願います。

おすすめ

地域力応援基金助成事業に採択いただきました

何もない(花壇しかない)ところから始まったいきちか花壇プロジェクト。

新蒲田二丁目児童公園の花壇をきっかけに,SNS感覚で,気軽にゆるくつながり合い,それぞれのペースで関わり合うプロジェクトです。

この度,大田区の地域力応援基金助成事業に採択いただき,チラシの印刷費と,イベントで使う土等の購入費を助けていただけることになりました。(^^)v

チラシを広く配布して,多くの人にこのプロジェクトのことを知っていただきたいです! (チラシ,気合い入れて作りまっす!)

花壇に行ける人も,行けない人も,ご自身にあった形でこのプロジェクトに関わっていただきたいです。チャットだけの参加,Twitterだけの絡みなども大歓迎です。

自分で言うのも何ですが,ここ,お得ですよ。おすすめですよ。

会費もなく,係の当番もなく,回覧板もなく,集会もなく,
インターネットで,お好きなときに,自分のペースで,地域と関わりを作れるのですよ!?

下心はありません。本当に,「インターネットで気軽に」×「地域との関わり」という仕組みを作りたいだけです。

インターネットで遠くの旧友やどこかの誰かよく分からない人とつながるのも有意義とは思いますが,一方で,近くの,この地域の人とつながることも,ものすごく重要です。

地域の情報が手に入ったり,地域に居場所ができたり,地域に貢献する機会ができたり。そして,困ったときにはリアルに助け合えたり。・・・そういう暮らしを目指してのプロジェクトです。

どういった関わり方があるかなどは,下記「くわしく見る」ボタンから花壇プロジェクトの公式ページをご覧ください。特に,まずはオープンチャットに入っていただけると嬉しいです。

なお,人件費やインターネットのサーバー代や通信費などは助成の対象外のため,引き続きこちらは,当団体の持ち出しとなります。

現在,完全なボランティアで行っておりますので,事業の継続のために,可能な範囲でご支援いただけますと幸いです・・・。

ご支援のお願い

—子どもも,大人も,みんなが今より少しでもラクに楽しく生きられる社会を目指して—

今の私たちの暮らしは,みんな,少しずつ苦しい状態です。既存の仕組みで解決できていない問題は,新しい仕組みが必要です。私たちと一緒に新しい仕組みを作り続ける人,私たちを支える人になっていただけないでしょうか。

夏休みに公園花壇をご利用ください(自由研究など)

今日から小学校は夏休み。大人も明日から4連休。

まだまだ感染症も流行中で,旅行や人混みのイベントへの参加は難しい状態ですが,特に子どもたちは,近場でも,ひっそりとでも,この夏に,新しい経験や挑戦を積んでいってほしいものです。

大人も,ご自身の新たな挑戦と,そして子どもの興味関心に沿ったチャレンジのサポート(環境整備等)にも挑戦してみてください。(^^)

チャレンジの例として,昨年書いたこちらの記事もご参考ください。

そして今年は,「新蒲田二丁目児童公園に,みんなで使える花壇がありますよ~!」と大声でお伝えしたいです。

新蒲田二丁目児童公園
・東京都大田区新蒲田2丁目14-19
・矢口渡駅から徒歩7分/蓮沼駅から徒歩9分/蒲田駅から徒歩15分
・ファミリーマート大田新蒲田二丁目店の隣

みんなで花壇を使うこの花壇プロジェクトを,この夏,ぜひ有効活用ください。花壇プロジェクトの詳細や,公園の地図などは,公式ページをご覧ください

花壇観察は自由研究にも最適です!

そして,室内で無目的に暇暇しているよりは健全な時間の使い方になりそうに思います。(暇も,ほどほどの適量であれば大事なのですが…夏休みは長いので…)

ざっと思いつく,夏休みの花壇の利用例を以下にあげますが,他にもきっと,いろいろあると思います。

  • 花や虫の観察
  • 描画
  • 写真や動画の撮影(子どもたちはカメラ付きパソコンを支給されています!)(撮った写真をプログラミングアプリなどでも活用できそうですね)
  • 花壇内マップの作成(作成いただけると私たちもすごく助かります)
  • 朝しか咲かない花が何時にしぼむか記録
  • 時間による土の温度変化の記録
  • 水やり

水やりは事前に予告いただければ助かりますが,それ以外は,お好きな時間に行ってくださって構いません。

水やりは毎日した方がよい状態なので,水やりにご協力いただける方も,本当に大募集中です。朝か夕方の暑すぎない時間でお願いします。

また,事前にご予約いただければ,現地で花壇や花の説明もいたします。夕方15時~17時が対応しやすいですが,ほかのお時間も,まずはご連絡ください。お子様だけの参加も,もちろんウェルカムです。放課後児童支援員が対応します。

LINEオープンチャットか,メール,各種SNSで,お気軽にご連絡ください。

私個人的には,今,土づくりにも興味ありまして,夏のチャレンジとして,家庭での土づくりや,土での生ゴミ分解実験も楽しそうに思います。この時期は太陽パワーが強力ですぐ分解されて,楽しいですよ。これは公園花壇は使いませんが…。こちらも詳細を知りたい方は,オープンチャット等でご連絡ください♪

ツマグロヒョウモンといきちか花壇

蝶が来るバタフライガーデンを目指して

新蒲田二丁目児童公園の花壇をみんなで使う「いきちか花壇プロジェクト」。何もないところから始まり,新しく集まってくれた人たちで話しながら,花壇運営をしています。

ガーデニング素人の私は,最初,花壇は「花を植える場所」としか思っていませんでしたが,虫が好きな植物を植えて「虫を育てる場所」にもできるということを,教えていただきました。

蝶を呼び,蝶を育てる庭を「バタフライガーデン」と呼び,これはガーデニング界隈では確立された用語のようです。花だけではない花壇の使い道としてとても面白そうなので,いきちか花壇も「バタフライ花壇」になること,ひいては,この公園が「バタフライパーク」になることを,目指してみることにしました。

蝶の好きな植物

蝶の幼虫は,種類によって,好みの葉っぱが異なっているようです。そうやって,「狙って」植物を植えていくというのが,ガーデナーたちのやる気を一層くすぐるのかもしれませんね。

海野和男(編)『花と蝶を楽しむバタフライガーデン入門』より,それぞれの蝶の食草をご紹介します。幼虫のときにこの葉っぱを食べるということです。

  • キアゲハ(アゲハチョウ科):セリ科植物のセリ,三つ葉,にんじん
  • クロアゲハ(アゲハチョウ科):ミカン科のミカン,カラタチ,ユズなど
  • アゲハ(アゲハチョウ科):ミカン科のミカン,カラタチ,山椒など
  • モンキアゲハ(アゲハチョウ科):ミカン科のカラス山椒,キハダ,栽培種のミカンなど
  • カラスアゲハ(アゲハチョウ科):ミカン科のキハダ,カラタチ,コクサギなど
  • シロオビアゲハ(アゲハチョウ科):ミカン科のサルカケミカン,ヒラミレモンなど
  • ナガサキアゲハ(アゲハチョウ科):ミカン科の栽培植物
  • ジャコウアゲハ(アゲハチョウ科):ウマノスズクサ科のウマノスズクサ
  • アオスジアゲハ(アゲハチョウ科):クスノキ科のクス,タブノキ,ニッケイなど
  • スジグロジロチョウ(シロチョウ科):アブラナ科の野生種のほとんど。栽培種につくこともある
  • モンシロチョウ(シロチョウ科):アブラナ科のキャベツなどの栽培植物。イヌガラシなどの野生種にもつく
  • キチョウ(シロチョウ科):マメ科のネムノキ,ニセアカシア,ハギ類など。草木のマメ科にもつく
  • モンキチョウ(シロチョウ科):マメ科のムラサキツメクサやクローバーなど
  • テングチョウ(テングチョウ科):ニレ科のエノキ,エゾエノキ,リュウキュウエノキ
  • オオミスジ(タテハチョウ科):バラ科のウメ,スモモなど
  • ルリタテハ(タテハチョウ科):ユリ科のサルトリバラ,ホトトギスなど
  • アカタテハ(タテハチョウ科):イラクサ科のカラムシ,コアカソ,​ヤブマオなど
  • キタテハ(タテハチョウ科):クワ科のカナムグラなど
  • ミドリヒョウモン(タテハチョウ科):スミレ科のスミレ類各種
  • ツマグロヒョウモン(タテハチョウ科):スミレ科のスミレ類各種
  • オオムラサキ(タテハチョウ科):ニレ科のエノキ,エゾノキ
  • コミスジ(タテハチョウ科):マメ科各種,ニレ科のハルニレなどかなり広食性
  • ヒメシジミ(シジミショウ科):マメ科のタイツリオウギ,キク科のマアザミなど
  • ベニシジミ(シジミショウ科):タデ科のスイバ属
  • ツバメシジミ(シジミチョウ科):マメ科の各種,特にシロツメグサ
  • ヤマトシジミ(シジミチョウ科):カタバミ科のカタバミ
  • ジャノメチョウ(ジャノメチョウ科):イネ科,カヤツリグサ科各種
  • イチモンジセセリ(セセリチョウ科):イネ科,カヤツリグサ科の各種,特にイネを好む

いろいろですね。

いきちか花壇には,このうち,セリ科のディルやオルレア(キアゲハが好き),スミレ科のパンジーとビオラ(ミドリヒョウモン/ツマグロヒョウモンが好き),カタバミ科のカタバミ(ヤマトシジミが好き),…あとマメ科の何かと,きっとイネ科の何か…も,植わっています。

ツマグロヒョウモンの幼虫発見

彼/彼女と初めて対面したのは,5月26日。しばらく雨が続いて,いろいろな虫がいっきに増えたと感じていた頃です。

ものすごく強そうな風貌のツマグロヒョウモン(幼虫)

黒とオレンジに,そしてトゲトゲ。ものすごく強そうな風貌です。見慣れた今はかっこいいと思えるのですが,初めて視界に入ったときは,正直,ギョッとしました…。

事前に予習で写真を見ていたおかげで,ツマグロヒョウモンの幼虫だと気づくことができました。

緑色のイモムシ(アオムシ)は蝶なのか,蛾なのか,ハバチなのか,全然見分けが付かずに困っているのですが,一方でツマグロヒョウモンは,間違いようのない独特の風貌です。分かりやすくてありがたいです。特徴的な見た目に加えて,ビオラのところにいたことからも,ツマグロヒョウモン確定です。

少し前からビオラとパンジーがよく食べられていたのは,君が食べていたのか!と合点がいった瞬間でもありました。

食のこだわりが強いツマグロヒョウモン(スミレ類しか食べない)

その後,すくすく育つツマグロさん。

6月5日には,体もずいぶん大きくなり,花壇で結構目立っていました(公園の利用者がビックリしないか心配になるほどに…)。この日,数えてみると,7匹確認できました。

そして,12月から咲き続けたビオラもパンジーも,もう花の時期が終わりかけな上に,食べ盛りのツマグロたちにモリモリ食べられ,すっかりカスカスになりました。このペースで,ツマグロたちの食料が足りるのか,心配にもなってきました。

(ビオラ・パンジーはモリモリ食べられ,結局,花の種は取れませんでした…)

カスカスになったビオラ
巨体化して目立つツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンの脱皮

それから数日経った6月9日。あちらこちらの葉っぱで,ウニようような物体が付いているのを見つけました。黒のトゲトゲで真ん中にオレンジ…これは絶対,ツマグロヒョウモンですよね。

葉っぱに付いた,いかにもツマグロヒョウモンの,何か

蝶の幼虫は何回か脱皮を繰り返しながら成長するので,これもきっと,脱皮の際の抜け殻と思われます。

ちなみにアゲハチョウは5回脱皮し,それぞれ1齢幼虫,2齢幼虫,3齢幼虫,4齢幼虫,5齢幼虫と,段階の呼び名があるようです。一方ツマグロヒョウモンの脱皮数は定まっていないようで,だいたい5回が多そうですが,6回,7回する個体もあるとか,ないとか…。

先日見たツマグロの大きさと比べて,4分の1程度の長さしかありません。最初,これは抜け殻の一部で,残りは土に落ちているのかと思ったのですが,ぎゅーーっと圧縮しながら脱ぐので縮こまり,これが抜け殻の全部だと教えていただきました。(その後,試しに引っ張ってみましたが,もろくて伸びませんでした)

そろそろサナギになる頃と思っていたのに,まだ5齢幼虫あたりになったばかりなら,食料が足りないじゃないか…,と本格的に食料不足が心配になってきました。

実際にその頃,花壇で見かける数がぐっと減りました。4日前にはあれほど花壇で目立ち,7匹はいたのが,この日は探しても,2匹しか見つけられませんでした。最近ここで脱皮したばかりならまだいると思いますし,しかも脱皮してさらに大きくなったなら,絶対目立つと思うのですが…。

ツマグロヒョウモンの蛹化

なぜツマグロヒョウモンを見かけなくなったのか…。食料を求めて別の場所に移動したか…。あるいは食料が足りずに弱って,鳥に食べられてしまったか…。

6月11日,やはり,花壇をざっと見てもツマグロの姿は見えませんでした。しかしビオラ(食料)が完全に底をついた訳ではないので,まだ数匹かはいるはずだ!と,探して探して,・・・見つけました!

小枝にぶら下がったまま動かないツマグロヒョウモン

スミレ科の食料がない花壇の奥の方で,小枝にぶら下がっていました。水やりの水がかかっても,ピクリとも動きません。

これは・・・サナギになる直前・・・!?

先日の抜け殻は5齢幼虫あたりになった際の抜け殻と思っていたので,サナギになるのはまだしばらく先かと思っていました。でもこの子はサナギになりそうです。期待!というか願望!食料難問題があるので,早くサナギになってほしい!

サナギになる瞬間を見届けたいものですが,ずっと公園にいる訳にもいきません。

そして翌日,6月12日,同じ場所を探してみると・・・。

サナギになったツマグロヒョウモン

サナギがありました!サナギになっていました!!!わーーーい!!

枯れ葉そっくりな地味な色ですが,よく見ると,トゲトゲに加えて,キラキラゴールドの突起があります。アクセサリーのようで,綺麗です。この綺麗な金色が,ツマグロヒョウモンのサナギの特徴です。

このゴールドがないと枯れ葉と見分けがつかず,私のような人間がポイっと捨ててしまいそうです…。このゴールドは,捨てられないためのツマグロの生存戦略でしょうか…?

そして,今が蛹化(ようか)の時期ならば,他にもサナギがあるはずだと,花壇の奥深くを探して,探して・・・,この日,計4つのサナギと,サナギになる直前のぶら下がり幼虫を1匹,見つけました。(後日もう1個見つけました)

ぼやけた輪郭のツマグロヒョウモンのサナギ(ピントもぼけてます)

ただ4つのサナギのうちの1つは,ちゃんとぶら下がれていなくて,最初に発見したサナギと比べると体もブニブニで,コンディションが悪めに見えました。金色がなかったらサナギと気づけません。

コンディション悪そうに見えたツマグロヒョウモンのサナギ

蛹化がうまくいかずにコンディションが悪かったのかと思っていたのですが,今改めて写真を見て,もしかして,わりと羽化直前だったのではと,今さらですが思えてきました・・・。(まだ経験値が足りず,いろいろ自信ありません)

ぶら下がれていないサナギは接着剤でつけてあげる方法もあるらしいのですが,ここは自然に任せて,そっと葉っぱに乗せておきました。そして数日後,このサナギは消えました・・。

ちなみに,サナギって小さいのですね。幼虫のときのサイズ感で探していたのですが,見つけたサナギは,幼虫のときの半分から3分の2ぐらいの大きさでした。

こうして花壇の中でツマグロヒョウモンの幼虫の姿はなくなりました。タイミング的には,あの抜け殻は5齢幼虫になった抜け殻でなく,サナギになった際の抜け殻だったのかもしれません。しかし,抜け殻とサナギの位置が全然一致していないのが,謎です。謎すぎて,モヤモヤがずっと残っています・・。

ツマグロヒョウモンの羽化

サナギになったら,次は,きれいな蝶が出てくるのを待つのみ!

サナギになってから成虫になるまでの期間は,だいたい7~20日とか。幅がありすぎて読み切れません。いつか分からない羽化の瞬間を公園で見るというのは,なかなかにハードルが高めです。(´д`)

花壇の手前にあったサナギは,あるとき(6月19日),丸ごと消えているのに気づきました。

奥まった所のサナギは,あるとき(6月25日),空っぽになっているのに気づきました。

空っぽになったツマグロヒョウモンのサナギ

他のサナギも,空っぽになっていたり,サナギごといつの間にか消えていたりで,結局,羽化の瞬間どころか,羽化した蝶の姿自体,一匹も見ることができませんでした。

残念・・・!

今回は初めてだったこともあり自然に任せましたが,蝶好きのメンバーが増えれば,この先1度ぐらいは,サナギを各自宅に持ち帰っての観察会も行ってみたいと思っています。

蝶好きな方や,公園花壇で一緒に何かしてみたい方は,ぜひご連絡ください。この記事内の,私がよく分かっていないことへのツッコミやご教示もいただければ,大変助かります。(>人<)

さて,成虫の写真がないままなのも締まらないので,最後に,フリー素材からツマグロヒョウモンの成虫の写真をお借りして掲載します・・・・。こちらが,今回見逃した&撮り逃した,ツマグロヒョウモンの羽化した姿です。このような蝶が,きっと公園から,大空へ飛び立っていったと思われます。 I hope that your life will be wonderful !!

この公園がふるさとだから,疲れたときなど,いつでも気軽に帰っておいでね。(^^)

ツマグロヒョウモンの成虫の姿(イメージ)