花壇の写真募集!

本当に何もない(花壇しかない)ところから始まった花壇プロジェクト。その後,花壇のために集まってくださった方々に助けられ,今,花壇が春の花で,大いに賑わっています。(感激)

ナチュラルガーデン風にたくさんの種類の花が,あちらこちらで,生き生きと!本当に,素敵です♪

今と,このあとしばらくが,花の見頃だと思います!

花や自然の撮影がお好きな方は,ぜひ,新蒲田二丁目児童公園のいきちか花壇を撮影して,そして写真をSNSにアップしてください!

ハッシュタグ #いきちか花壇プロジェクト を付けていただけると見つけられるので,お願いします。m(_ _)m

素敵な写真は,もしかすると今後,このブログに掲載をご相談させていただくかもしれません。無許可では掲載しないのでご安心ください。

もし写真を通じて,新しいつながり,新しい関わりが生まれるならば,望外の喜びです。

〃(*o´∪`)o〃

いきちかのミッションは,生きやすい社会の形成

そしてそのためには,ヒト,モノ,考え方などが,広く,しなやかにつながっている必要があると思っています。
また,既存の仕組みで解消できていない生きづらさには,既存のものとは異なる新しいつながりが必要だと思っています。

今,それらを模索しているところです。どうか引き続き,ご支援・ご協力をお願いします。

強風で花がらが探しにくい…

昨日は大嵐でした。今日は晴れましたがまだ風が強めです。

大嵐のあとでも花は元気で一安心。

ただ,終わりかけのビオラの花びらが風で散り気味で,「花がら摘み」すべき花を見つけにくい状態です。

前回,摘みが甘くて1株ダメにしちゃったので,もう二の舞は避けたいのですが・・・,花びらがないと難しいです・・・(T T)

今回またたくさん摘み残しがあると思います。不安です。

春花壇の賑わい

あちこちで卒業式・卒園式も終わり,春分も過ぎて,もう誰が何と言おうと春ですよね。

いきちか花壇も春です!今回は写真中心でお届けします。

ムスカリとビオラ
真ん中の白いのはネモフィラ。ピンクはレッドキャンピオン
白くて小さいのはシジミバナ
もうじき咲きそうな,シレネユニフローラ
ピンぼけしてますが…中央がシャガ
にぎにぎ賑わい中!背が高いリナリアがいい味出しています!

土だんご de 種まき(4月4日)

4月の種まきイベントは,4月4日(日)の11~12時になりました。

雨天時は,4月10日(土)の11~12時に延期予定です。

ぜひ様子見がてらご参加ください♪

種は,直接花壇にまくのではなく,土だんごに種をまぶし,それを植える方法で行います!

まずは土だんごを作るところから行います。^^

わざわざ土だんごを作るのは,もちろん利点があるからです。

重みのあるだんごに付けて植えるので,種が風で飛ばされたり,雨で流されるリスクを減らします。
(いきちか花壇の土はふわふわで,球根ですら出やすいので,種が少しでも土の中でいられる方法が重要です)

小さくて軽い種が,団子状のまとまりになることで,扱いやすくなります。
(そっとつまむ動作が難しい幼児やご高齢の方も,埋めやすくなります)

保湿性と栄養たっぷりの土でだんごにするので,発芽が促されます!
(いきちか花壇は結構いい土が入っていますが,それほど土がよくないときに特に適しています)

だんご作りが純粋に楽しい!
(泥だんご作りは子どもにも人気ですし,指先を使うので認知症予防効果もあるとも言われており,広い世代にお勧めです)

この土だんごに関しては,歴史など,いろいろお話したいこともありますが・・・今日は取り急ぎここまで。

雨のあとの球根の埋め直し

大雨のあとのいきちか花壇では,土から出た球根の姿がちらほら。とんでもなく強い雨に,土が耕されたようです。

冬の間も,たびたび土から出ていました。

寒い冬は「霜柱」ができる現象として,地中の水分が地上に吸い上げられる(「毛細管現象」)ので,地中の作物が下から押されて出てきやすいとのこと。

ガーデニングや農作業をされている方にはおなじみの現象のようですが,私は,初めて知りました。本当に,この花壇プロジェクトを通じてたくさん学ぶ機会をいただいています。感謝。

本当に学べるので,ご興味ある方はぜひチャットにご参加ください。^^

▶いきちか花壇プロジェクトオープンチャットに参加する

さて,そのような霜柱の時期も終わり,葉も大きくなり,つぼみもできるまで成長したので,もう抜けないと勝手に安心していましたが・・・,まだまだ抜けるときは抜けるのですね。

何度抜けても,何度でも埋め直してあげるから,一緒に成長しようね。

花がら摘みが不十分だと……

花壇の定期メンテナンスとして,水やりに加えて,パンジー・ビオラを中心に「花がら摘み」をしています。

食べられない植物を育てるのは数十年ぶり(小中学生ぶり!?)かもしれない私。
定期的な花がら摘みも,初めてです。

さてさて,懺悔でございます・・・。

一時期,表面に見える部分をささっと摘む程度が続いたからでしょうか・・・1株,急に元気がなくなってしまいました。

他の株は元気ですが,これだけ,突然・・・。

急に元気がなくなったビオラ株

「花のあとに種ができると,植物としての役目を果たしたと思って,終わってしまう」

そう聞いてはいましたが,ああ,こういうことか・・・と,身をもって実感しました。こういうことなのですね。

教訓:
根元までめくって確認しながら,終わりかけの花をじっくりたっぷり探して摘むべし。

私も引き続きがんばりますが,公園にお越しになる皆さまも,ぜひぜひ,花がら摘みをしちゃってください

みんなの花壇です。

花がら摘みに慣れている方も,逆に私のように初めてという方も,どなたでもお触りいただけます。失敗も経験です。ぜひトライください。

でも一言,ここのコメントか,SNSやメールで,摘んだ旨をご連絡いただけますと,全体把握のうえで助かります。

ちなみにこの株は,このあと短く刈り込んでいただき,復活を見守っているところです。新しい花がついても,いまいち,ぱーっと咲ききれない状態です。がんばれー。

球根から植えたムスカリが!

12月の苗植え会で、ぎっちぎちに苗をたくさん植えたあと、最後に、隙間隙間に,ムスカリの球根を植えました。

この球根、冬の間に何度も土から飛び出してきて、見つけるたびに何度も何度も植え直しました。

あるときは、こんな姿で飛び出していたり。
これきっと、上下逆さまに植えちゃったのですよね。^ ^;;

そんな感じで、冬の間に何度も何度も植え直した,ちょっと手間のかかる,かわいい球根。

冬の間はほとんど成長の気配がなかったのですが、春になったら、葉っぱがぐんぐん伸びてきました!

と思っていたら……

あ!!!!

つぼみが出てるーーーー!!!
(๑✧∀✧๑)☀

球根を植えてくれた子どもたちーーー!
あのときの球根から,つぼみが出たよ!
もうじき花も咲くよ!見にきてね!!

ちなみに,同じ球根を,同じに日に,筆者の自宅の花壇にも植えたのですが,こちらはまだまだ葉っぱ姿です。
公園の方が土も日当たりもいいのか,公園の方がずっとよく育っています。

春の花たち

続々と,新しい花が咲いてきました!

なんだろう…
ハナニラ
(花びらが5枚は珍しいとのこと)
オーブリエチア
(スイスで購入した種から育ちました。ようこそJapanのKamataへ!)
ムスカリ
(球根から植えたものもあるけど,こちらは苗から植えたもの)

個人的に気になっている「ももいろタンポポ」も、花はまだですが、すくすく育っています!

プチトマトみたいなぷっくりしたものが見えてきましたよ♪

モモイロタンポポのつぼみ

種 募集!(春まき用)

いきちか花壇に春の花が咲いてきた~!とのんきに喜んでいましたが,もう春なのですよね。つまり,春の種まきの季節
夏に咲く花の準備の季節です!

予告!4月のどこかの土日に春の種まき大会をします!日程や詳細は決まり次第公開しますので,ブログやSNSをウォッチいただけますと幸いです。SNSのフォローがお勧めです!

種まきは,「種だんご」作りにしたいねという話が出ています。
種が入った泥だんご。みんなでコネコネして,そしてそれを花壇にぽいっと!!

子ども向けにお遊び要素でそうする訳じゃなくて,ガーデニング界では,本当にそういう手法があるようです。

Point 1.ダンゴにするので重さもあり、風で飛ばされたり、雨で種が流されにくく、傾斜地での花壇作りにも適しています。
Point 2.ダンゴに保水性・保肥性があるため、植物の初期生育を助けます。たねダンゴは、種の成長をやさしく守る「種のゆりかご」なのです。

「みんなで楽しめる!たねダンゴ」サカタのタネ


だんごにする一手間増えますが,そのまま種を植えるよりも,安定するようです!そして,みんなで作ると,きっと楽しい!

新しい種植え手法の「種だんご」,皆さま,ぜひ一緒に体験しましょう!初めてのご参加,単身参加,大歓迎です。^0^

とは言え,今手元には,春まきの種は,マリーゴールド少しと,フェンネルしかありません。

これはこれでよいのですが,地域の方を招いてイベントにするには,もう少し種がほしいところです。

つきましては・・・・春がまきどきの種をお譲りいただける方がいらっしゃいましたら,ぜひ,ご連絡のほどお願いします
m(_ _)m

こちらのコメント欄か,各種お問い合わせ手段からお願いします。
自転車圏内であれば取りに伺います。遠方であれば郵送をご相談させていただくかもしれません。

以下に,春がまきどきで,花壇で扱いやすいと言われている花の例をあげます。しかしこれらに限らず,お譲り可能な種がございましたら,どうかご連絡いただければと思います。

【春がまきどきの種の例】

ジニア(キク科 ヒャクニチソウ属)

まき時期:4~5月
花どき:5~11月上旬。1年草

キクっぽいジニア
小花のジニア

サルビア(シソ科 アキギリ属 or サルビア属)

まき時期:4月下旬~5月
花どき:6~11月

サルビア


ニチニチソウ(キョウチクトウ科 ニチニチソウ属)

まき時期:4月下旬~6月
花どき:5~10月

ニチニチソウ