スチームオーブン

いつもどおりの,いきちかの普通の家庭料理。

 

 

 

 

この日のメインは,サバのみそ煮のようなみそ焼きのような。

甘いみそ煮と香ばしい焼きサバとのいいところ取りです。^^

 

スチームオーブンレンジで焼きました。

 

 

いきちかで,ご家庭分も含めてご飯を作ると決めたとき,すなわち大量調理を決めたとき,業務用のスチームコンベクションオーブン(略して「スチコン」!)の導入を考えていました。

 

大量調理といってもカレーなどの煮込み料理ばかりは嫌です。

ハンバーグなどの焼き物や,中華風の炒め物も,家庭料理では必要です。

それらを大量に作るのに役立つのが,「スチコン」なのです。

スチコンのある学童は画期的だと思います。

 

しかし,メーカーや販売代理店と相談する中で,いきちかにスチコンを置くのは保証外ということが発覚しました。

置こうと思えば置けるのですが,安全上望ましくないということでした。

人を預かる施設で安全を無視する訳にはいかないので,スチコンは諦め,今は一般家庭用のスチームオーブンで様子を見ています。

 

家庭用はそれほど大量に作れないので,人数が増えると,もう1台必要になるかもしれませんね。

様子を見ながら考えていきます。

 

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

 

バランスボード(丸タイプ)

いきちかのおもちゃを動画で紹介しようシリーズ(?)第2弾。

 

今回は,丸タイプのバランスボードです。(別タイプもありますが,こちらの紹介はまたの機会に)

 

 

この児童にとっては,ボード上でスクワットをすると足がプルプル震えるのが,おもしろポイントなのです。

 

でも動画では,自分のおもしろポイントだけでなく,バランスボードの一通りの使い方を紹介してくれました。

人によっておもしろポイントは異なりますからね。

まさに「バランス」のとれた配慮ですね。感謝。(^^)

子どもたちの堂々としたリポート力にも感服です。

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

 

就学時健診の日程

来年度小学校ご入学予定(今年長さん)のご家庭の皆さま。

 

11月には「就学時健診」があります。

平日の昼間に,お子さん本人と保護者とで学校に行きます。(だいたい13:30前後開始)

 

いきちか近隣校での日程は次のとおりです。

 

道塚小 11月1日(金)

矢東小 11月8日(金)

西六小 11月12日(火)

矢口小 11月22日(金)

相生小 11月28日(木)

 

 

区から案内が届くのは,結構直前です。

筆者のときは案内が届いたのが健診の数週間前で,仕事の調整が大変でした・・・。(当時会社勤め)

今年も10月中旬発送とのことで,道塚小や矢東小はたったの2~3週間前ですよね。

 

仕事の調整が大変だった思い出を踏まえて,少しでも早くお知らせをと,上記日程ご案内申し上げます。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

ニュートンのゆりかご

いきちかのユニークな玩具をご紹介します。

 

 

今回は,「ニュートンのゆりかご」です。

 

運動量保存の法則と力学的エネルギー保存の法則に基づく動きらしいのですが,

難しいことはさて置き,その法則性のある動きとカチカチ音が楽しいです。

 

児童が動画で紹介してくれました。(^ ^)

 

 

 

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

 

子どもだけの時間と生きる力

今日は少し深いお話を。

 

先日,スタッフ間で,

“子どもを守ろうと大人が囲い込むことは,子どもの「生きる力」のためになるのか”

ということについて,話し合いました。

 

大人の目が入らない「子どもだけの世界」こそが,子どもが学び,力をつけるチャンスではないか,という考えです。

 

もちろん,年中子どもを放置すべきということでなく,

いつも大人に守られている子どもたちだからこそ,たまには子どもだけの時間も必要ではないか,という話です。

 

 

「子どもだけ」の意義も十分に理解しつつ,

しかしこれは,安心安全とトレードオフの話なので,難しいところです。

 

学童保育に子どもを預ける保護者は,子どもだけでは心配だから,大人の目のある所に預けている訳です。

 

 

今のいきちかの考えは,

“大人の目の届く範囲で安心安全を保障しつつ,この中でできる限り子どもの生きる力を支援しよう”

というものです。

 

 

しかし,もし,子どもと保護者が希望される場合に限りますが,

たまにの子どもだけの世界も 支援してよいのではないか,とも考え始めています。

 

 

では,いきちかができる支援とは何でしょうか。

子ども同士で遊ぶ際のルールを一緒に考える?(約束カードも作る?)

約束の時間に迎えに行く?

GPS端末やGPS付スマホなどを貸し出しする?

 

引き続きスタッフ間でも話し合ってまいりますが,よろしければ,皆さまのお考えもお聞かせいただければ幸いです。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━